ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

相手は手強い!?掴んでおきたい、中国マーケット動向

マーケティング

023中国初の民間銀行 営業拠点、店舗なしの「微衆銀行(WeBank)」が試験営業開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
中国銀行業監督管理委員会は、2014年12月12日に深セン前海微衆銀行(WeBank)の営業許可を認可しました。そして2015年1月18日より微衆銀行は中国初の民間銀行として試験営業が開始されました。

中国インターネットの巨頭・テンセント傘下、試験営業中は招待制でサービス提供

微衆銀行は中国大手インターネット企業グループである騰訊(テンセント)傘下の民間銀行です。

同行は、本社を中国・深セン市に持つものの、それ以外の営業拠点や店舗カウンターを持たないオンラインダイレクトバンキング形式を用いて、顧客にサービスを提供します。

lkq.jpg

2015年1月4日、中国の李克強総理が中国銀行業監督管理委員会・尚福林主席や騰訊CEOの馬化騰氏が見守る中、同行のコンピュータのエンターキーを叩き、初めての取引(小口融資)が成立しました。

まず、微衆銀行では銀行の株主・社員、更にホワイトリストを使って顧客を選別した上で選ばれた顧客を招待して商品を体験してもらい、提供する商品のリスクコントロールを整備、既存の国有銀行とも連携を取った上で、信頼感を高めて正式営業に値する基準に達することを目指すとのことで、試験営業期間は約3ヶ月を見込んでいるそうです。

同行の業務は、主に50万元(約950万円)以下の小口預金および融資を中心に行なっていく構えです。

膨大なビッグデータが武器

現在、騰訊が提供するメッセンジャーアプリ「QQ」の利用者8億人・「微信」(Wechat)の利用者6億人、オンライン決済プラットフォームの利用者3億人を誇る騰訊が持つインターネットプラットフォームの膨大なユーザーのビッグデータが微衆銀行の武器。

ビッグデータを利用した信用情報業務は騰訊傘下の財付通が担当します。

信用情報業務では、ビッグデータから各顧客のデータを抜き出し分析して、顧客の顔部分をスキャニング。顧客が抱えるリスクを判定した上で、最終的な個人の与信レベル・融資上限を決めるというようなシステムを構築していく構えで、これらのシステムはP2P(多端末間通信)技術を使った金融業者、銀行、保険会社などの分野で数社が財付通の個人信用情報サービスへの接続を強く希望していると報じられています。

専門家の分析では、オンラインダイレクトバンキングは顧客に寄り添ったサービスで、サービス提供コストが低く、今後年々既存国営銀行との商品とサービスの差が出てくると予想。金融構造改革に繋がっていくのではないかと期待されています。

課題は、既存国営銀行との兼ね合い・リスクコントロール・規制緩和前

一方で、問題点も指摘されていて、まずは既存国営銀行との兼ね合い。

国営銀行においても、既にいくつかの銀行でダイレクトバンキング業務を提供しているが、これらは独立した銀行営業資格を持っていない。伝統的な銀行業務部門との利益分配などで衝突が多く、これらの業務発展に問題が多い点。

(騰訊は今のところ銀行業界においての印象は悪くないが、連携して業務を拡大しようとする中で摩擦が起こる可能性は否定できない)

2つ目は、信用融資の資産管理、とりわけリスクコントロールの面。

(先に書いたように、どれだけ精度のある信用情報システムを構築できるか)

最後に、まだオンラインダイレクトバンキング領域で、規制緩和が行われていない点。

(その為、現状は小口預金および融資をメイン業務にするしかない)

が挙げられています。

微衆銀行と同様のオンラインダイレクトバンキング銀行業務は、阿里巴巴集団(アリババ・ホールディング・グループ)が既に傘下の螞蟻金融(アント・ファイナンシャル)サービスグループを通じて、浙江網商銀行が春節(2月19日)以降に開業を予定。まだまだいろいろな壁が立ちはだかるオンラインダイレクトバンキング業界ですが、中国インターネットの巨頭たちが参入していくことで、2015年大きな変化が生まれそうです。
参考URL
财新网(中国語):http://weekly.caixin.com/2015-01-16/100775103.html
人民网(中国語):http://it.people.com.cn/n/2015/0119/c1009-26407591.html

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

マスヤマトモアキ

増山智明

1975年北海道生まれ、2005年に語学を全く勉強せずに、単身中華人民共和国に渡航。 しかし、渡航1ヶ月未満で日本語が分からない中国人女性と出会い、中国語がたどたどしいのに更に5ヶ月後にスピード入籍。度胸があればなんでもできちゃう!? 中国では外資系ウェブ関連企業にて勤務していたが退職して、2014年5月に日本帰国。中国人妻と3歳の双子の男の子を抱えながらの生活。おカネのために中国関連の輸出入業始めました。

他の参加者を見る

増山智明

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!