ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

相手は手強い!?掴んでおきたい、中国マーケット動向

マーケティング

027中国産を日本人に売るのは古い!?今は「メイドインジャパン」を中国人に売る時代!

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
現在の安倍首相が就任する前、民主党が日本の政権を担っていた頃、1人民元は円高元安のピーク期で12~13円でした。

なおかつ、中国の物価が(最近では日本との差がだいぶ縮まってきたものの、それでも)安いので、日本向けに売れる品物を見繕い仕入れて、日本でそれなりの価格で販売するという「中国輸入ビジネス」が小さなブームとなっていました。

そういった中国輸入ビジネスは、今後の見通しが暗いと言い切るのは強引かもしれませんが、現在は1人民元=約19円。

仮に中国で同じ人民元価格で仕入れるとしても、日本円に換えると大きな負担増になっています。人と同じ商品を売って少ない利鞘の中で生き残るのは大変なことです。

そこで、発想を転換させてみるのはいかがでしょうか?「メイドインジャパンを中国人に売る」という逆の考えです。

ニセモノや模倣品ではないホンモノのメイドインジャパンに中国人が殺到!?

下の写真、真ん中の「馬油スキンクリーム」と書かれている商品をみなさんはご存知でしょうか。

mayou.jpgロッシというメーカーの「モイストエイド 馬油スキンクリーム」という商品です。

写真のお店では298円+税で売られています。税込で321円です。

実はこのクリーム、中国でなぜか多く売れています。

天猫(Tmall)という中国最大のB2Cプラットフォームで、同じものが販売されています。
(最初に書いておきますが、ニセモノや模倣品ではありません)

mayou-2.jpg

天猫(Tmall)での販売価格は、72元(約1,368円)です。

何と日本で売られている価格の4倍以上の「ボッタクリ価格」であるにも関わらず、1ヶ月に863個売れています。

例えば、「馬油スキンクリーム」が売れると感じ、日本から中国顧客に直送という形態で売ったとしても、

321円+中国までのEMS発送料金900円(300gまで)。

単純計算をすると、1,221円のコストで157円の利益が出ます。

もし、もっと安い仕入先を把握しているのであれば、もっと利鞘が増えます。

かつて、中国は「世界の工場」と言われてきましたが、いまは「世界のマーケット」とも言われるように、消費意欲が旺盛です。

しかし、残念ながら当の中国人が、自国の中国製の品質を信用しているかというとそうではなく、多少高くとも質の高い外国製の製品を手に入れて、より良い生活を送りたいと考えている人がとても多いのです。

折しも、1元=19円(円安ドル高の影響で、人民元対米ドルのレートはそれほど大きく動いていない)と、中国人が日本を気軽に訪れることができるチャンスが来ていて、2014年7月から11月まで5ヶ月連続で月間20万人を超える中国人観光客が日本に訪れています。

そして、観光客が日本で出会った魅力的な商品が日々口コミやインターネットなどを通じて紹介され、新たな需要が生まれている状況。

質の高いメイドインジャパン商品を中国人に販売してみるという方法も悪くないのではないでしょうか。

どうやって中国人が欲しがるアイテムをリサーチすればいいのか?

しかし、メイドインジャパンであれば何でも売れるのかというと、そんなことはありません。

更に、中国人のメイドインジャパン需要があることをよく知っている(日本に住む)中国人自身がライバルとして立ちはだかるので、人々が集中しやすいアイテムでは価格競争に巻き込まれ、思ったように利鞘が稼げないということもあるでしょう。

(都市部のディスカウントストアやドラッグストア等に行けば分かるように、そこには中国人業者?がウヨウヨ存在しています)

そんな状況を理解しつつも、どういう商品を売ればいいのか、中国人が欲しがるアイテムを把握しないことには始まりません。

中国人の最新トレンドを知らない、周りにトレンドを聞ける中国人がいない人が、リサーチするのに最適なウェブサイトが淘宝網排行榜(タオバオ・ランキング)です。

taorank.jpgこのランキングでは、中国最大のC2Cサイト・淘宝網(タオバオ)にて各ジャンルの売れ行きを「急上昇ランキング」「週間ホットランキング」という指標で紹介しています。

トップページで、全体の2つのランキングが表示されていますが、これだけでは分からないのでもう少しターゲットを絞り込みます。

化妆品(化粧品)→美容护肤(スキンケア)→防晒霜(日焼け止め)と辿って、销售热门(週間ホットランキング)を選びます。

taorank-2.jpg5位に「資生堂アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン」というアイテムがランクインしています。

この商品、中国語では「安耐晒金瓶」と呼ぶようです。

ランキング画面上の検索バーに「安耐晒金瓶」と入力、更に「销量从高到低」(販売数が多い順)を選ぶと、以下のような結果が出ます。

taorank-3.jpg

上位4つは、それぞれ過去30日以内で100人以上(販売個数ではなく人数)に売れている人気商品であることが分かります。

トップの441人に販売した業者の価格は159元(約3,021円)です。

では、日本で販売されている価格はいくらなのか、実際にドラッグストアへリサーチに行くのが面倒な場合はAmazonや楽天市場などのECサイト等を使って調べる方法があります。

taorank-4.jpg例えば、このオンラインストアでは税込2,332円。中国へ発送するEMSコスト900円をプラスすれば、3,232円以上でないと利鞘が出ません。

この時点で441個売った業者よりも価格は上で、かつ利鞘が薄いのでよほど安い仕入れでもなければ、様子見...などと判断して行けばいいわけです。

できれば、商品価格+輸送費のコストに対して、利益率が50%以上(どんなに少なくとも30%以上)見込めて、なおかつ売れる商品がヒットすれば、儲けのチャンスになるかもしれません。

ここまで、単純な概念をお話しました。

中国語ができることや協力してくれるパートナーがいることが前提であり、中国人に売るためのハードルは決して低くはありません。しかし、消費意欲旺盛な中国人に売るというアイデアをうまく活かせば、面白い商売ができるかもしれません。

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

マスヤマトモアキ

増山智明

1975年北海道生まれ、2005年に語学を全く勉強せずに、単身中華人民共和国に渡航。 しかし、渡航1ヶ月未満で日本語が分からない中国人女性と出会い、中国語がたどたどしいのに更に5ヶ月後にスピード入籍。度胸があればなんでもできちゃう!? 中国では外資系ウェブ関連企業にて勤務していたが退職して、2014年5月に日本帰国。中国人妻と3歳の双子の男の子を抱えながらの生活。おカネのために中国関連の輸出入業始めました。

他の参加者を見る

増山智明

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!