ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

心を掴む!カラーマーケティングの極意

マーケティング

004サッカーW杯開幕!ブラジルの色を活かしたブランドコミュニケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数

いよいよ、2014 FIFAワールドカップブラジル大会が開幕します。開会式は、日本時間の6月13日、決勝は7月14日に行われます。2014年を代表する大きなイベントなので、食品やファッションを中心に、さまざまな企業が、ワールドカップに関連した商品やキャンペーンを展開しています。今回は、ブラジルの色やイメージを活用した事例について解説します。

サンバ・ダンサーの衣装をイメージした、トリンプ「ブラジルパッションブラ」

ランジェリーのブランド「トリンプ」は、女性に自信を与えることを目的に、毎年その年の時流や話題をテーマに、下着メーカーならではのオリジナリティ溢れるデザインのブラジャーを発表しています。非売品ということもあって、ユニークさや話題性に重点を置いているようです。

triumph.jpg最新作は、2014年5月8日に発表された「ブラジルパッションブラ」。サッカーとサンバの国ブラジルは、世界で活躍するスーパーモデルを多数輩出する「美女の国」としても知られています。情熱的で明るい女性が多いと言われるブラジルの女性のように、内面の美しさも兼ね備え、その情熱とポジティブさを身につけて、自信を持ってほしいという思いが託されています。

サンバ・ダンサーの衣装をイメージした、カラフルなブラジャーとボトムデザイン。トリンプのコーポレートカラー「赤」とブラジルの国旗のような「イエロー」が製作され、記者発表では、2人のモデルが着用しました。ディティールのデザインに、コーヒー豆やサッカーボールといったブラジルらしいモチーフが取り入れられています。

ブラジル国旗をモチーフにした、サントリー「ボスブラジルセレクション」

ブラジルは、コーヒー豆の産地としても知られます。5月13日から新発売となった、サントリーBOSSの「ボスブラジルセレクション」は、ブラジル産の希少なコーヒー豆「ブルボンアマレロ」の高級豆のみを中心にブレンドし、豆の豊かなコクと旨味堪能できる味わいを探求しています。キャッチコピーは、「ブラジルの宝石」。ブラジル国旗をモチーフにしたパッケージデザインが採用されています。

BOSS-BRASIL.jpg BOSS-BRASIL2.jpg

ブラジル国旗は、緑色の地に黄色の菱形と青い円を組み合わせたデザイン。金と緑の旗という意味でアウリヴェルジ(Auriverde)と呼ばれ、緑色は森林を、黄色は金と鉱物資源を象徴していると解釈されることが多いようです。しかし、歴史を振り返ってみると、帝政時代の国旗のデザインが継承されており、緑色はブラジル皇帝であるペドロ1世のブラガンサ家、黄色はその皇妃マリア・レオポルディナのハプスブルク家の象徴でした。

国旗中央の青い円は、共和政になってからデザインされたもので、共和制が樹立された日の朝(1889年11月15日8時30分)のリオデジャネイロの空を表しています。中央の白い帯は黄道で、哲学者オーギュスト・コントの言葉「Ordem e Progresso(秩序と進歩)」が緑色で記されています。星座が左右反転しているのは、地上から見上げた空ではなく、天球を外側から見たイメージがレイアウトされているからなんだそう。ラテンアメリカ最大、世界で7番目の経済規模を誇るブラジルのスケールの大きさが感じられるデザインではないでしょうか。

トリンプやサントリーの他にも、ファッションや食品などを中心に、さまざまな企業が、ブラジルのイメージを取り入れた商品やサービスを展開しています。赤、緑、黄色、青、白など、いずれも定番色ですが、色の背景にある歴史や文化、ブラジルの人々が色に託してきたイメージは、私たち日本人とは異なるようです。そして、トリンプやサントリーの事例が示すように、単に、ブラジルの色やイメージを活用するのではなく、それぞれの企業の文化を、それぞれのユーザーやステークホルダーに伝える役割をも担っているようです。

参考
アンケート

日本の伝統色「青」について、アンケートを実施しています。1〜2分でご回答いただけますので、ぜひ、ご意見をお寄せください。ご協力をお願いいたします。

© Hanae Matsumoto

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

マツモトハナエ

松本英恵

カラーコンサルタント
2005年6月より、All About(オールアバウト)カラーコーディネートガイド
好きな色、似合う色、売れる色、心をつかむ色など、さまざまな観点から、カラーコーディネート、カラーマーケティングのノウハウをお伝えしています。
著書に、『心をつかむ色とデザイン 商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座』(日本能率協会マネジメントセンター)、『和モヨウ配色手帖 オシャレな“和モヨウ”でもっと磨く配色レッスンBOOK』(技術評論社)などがある。

取材・仕事・講演のご依頼は、公式サイトへお願いいたします。
松本英恵のカラーコンサルティング

他の参加者を見る

松本英恵

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!