ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

心を掴む!カラーマーケティングの極意

マーケティング

0252015年パントンのカラー・オブ・ザ・イヤー「マルサラ」が示す、これからのカラートレンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
アメリカのパントン社は、毎年12月、翌年のカラー・オブ・ザ・イヤーを発表します。カラー・オブ・ザ・イヤーは、9月に発表された翌年春夏のウィメンズのトレンドカラー10色から選定されます。今年は12月4日付で、2015年のカラー・オブ・ザ・イヤーを発表しました。

コラム「どんな色が流行る?2014年秋冬トレンドカラー情報を先取り」や、「2015年春夏シーズンのトレンドカラー情報をチェック!」で解説したように、2014年秋冬のトレンドカラーのロイヤルブルーとブライトコバルト、2015年春夏のトレンドカラーのアクアマリン、スキューバブルー、クラシックブルーというように、ブルー系の多さが目を引きます。2015年パントンのカラー・オブ・ザ・イヤーは、ブルー系から選ばれるのでは?という声もありましたが、選定されたのは、「マルサラ、MARSALA(PANTONE 18-1438)」でした。

「マルサラ」は明るい赤みのブラウン

マルサラとは、シチリアが世界に誇るマルサラワイン(マルサラ酒)に由来する色名です。マルサラワインとは、スペインのシェリー酒やポルトガルのポート酒などと並んで、長期輸送に耐え得るよう酒精を強化したワインのこと。ワインを発酵させる過程で、ブランデーやワイン蒸留酒などを添加し、糖度を残したままアルコール度数を高め、オーク樽で熟成させます。日本ではあまり馴染みはありませんが、ティラミスには甘口のマルサラワインが使われることが多いようです。

まず最初に、一般的な赤ワインの色、ボルドー(6.9RP 4.56/5.4)とバーガンディ(1R 2.64/5.14)、マルサラ(4.5R 4.13/6.41)、2015年春夏のトレンドカラーのベージュ〜ブラウン系の色、サンドストーン(2YR 6.23/5.69)とトーステッドアーモンド(3.8YR 7.37/ 3.1)を比較してみましょう。()内のマンセル値は、パントンが公開しているLab、sRGB、HTMLの値を元に算出した参考値です。

pantone2015.004.jpg左から、Bordeaux(PANTONE 17-1710)、Burgundy(PANTONE 19-1617)、Marsala(PANTONE 18-1438)、Sandstone(PANTONE 16-1328)、Toasted Almond(PANTONE 14-1213)

上のグラフは色相と明度を示したもので、色相はマルサラを中心に、ボルドーとバーガンディは赤紫寄り、サンドストーンとトーステッドアーモンドはオレンジ寄りに位置します。明度は、高い方から、トーステッドアーモンド、サンドストーン、ボルドー、マルサラ、バーガンディという順番になっています。

pantone2015.005.jpg左から、Bordeaux(PANTONE 17-1710)、Burgundy(PANTONE 19-1617)、Marsala(PANTONE 18-1438)、Sandstone(PANTONE 16-1328)、Toasted Almond(PANTONE 14-1213)

上のグラフは色相と彩度を示したもので、彩度の高い方から、マルサラ、サンドストーン、ボルドー、バーガンディ、トーステッドアーモンドという順番になっています。

pantone2015.003.jpgMarsala(PANTONE 18-1438)、Sandstone(PANTONE 16-1328)、Toasted Almond(PANTONE 14-1213)の人気投票の結果

上のグラフは、「2015春夏トレンドカラーに関するアンケート」の結果を示したものです。(集計期間、2014年9月22日〜2014年12月5日、有効回答数82)マルサラのような暗く鈍い色が人気色の上位にくることは稀なので、マルサラ、サンドストーン、トーステッドアーモンドの3色について人気投票を行いました。第1位はトーステッドアーモンド(45%)、第2位はマルサラ(38%)、という第3位はサンドストーン(17%)という結果になっています。アンケート結果が示すように、マルサラは、ベージュ〜ブラウン系の中でもそれほど目を引く色ではありません。

歴代のカラー・オブ・ザ・イヤーにはない、暗く鈍い色

pantone2015.001.jpg2000年以降のPANTONE カラー・オブ・ザ・イヤー

上のグラフは、2000年以降のカラー・オブ・ザ・イヤーの色相と明度を、下のグラフは色相と彩度を示したものです。赤(R)の色相から5色、青緑(BG)と青紫(PB)の色相からそれぞれ2色選ばれており、黄緑(YG)、青(B)、紫(P)の色相からは選ばれたことがないことを示しています。

pantone2015.002.jpg2000年以降のPANTONE カラー・オブ・ザ・イヤー

カラー・オブ・ザ・イヤーは、翌年のムードを占うような意味合いがあると同時に、とりわけ小売業においては、冬が終わり、新しい春の訪れをドラマティックに演出する重要な役割を担っています。ブルー系に代表される寒色は鎮静作用があるので、興奮作用のある暖色が選ばれてきたのは、理にかなっています。しかし、これまでの明るく鮮やかな赤とは違って、今回選ばれたマルサラは、色相は「赤」ですが、暗く鈍いので「ワイン」や「ブラウン」にカテゴライズされる色です。

「マルサラ」は、配色の要となる色

パントンは、なぜ、マルサラを選んだのでしょうか?パントンは、マルサラについて、「温かくスタイリッシュな色」「心を身体と魂を豊かにする色」「自信や強さをみなぎらせる色」などと表現しています。そして、マルサラと相性のよい色として、トープやグレイのようなニュートラルカラー、こはく色や褐色、ゴールデンイエロー、ターコイズやティール、そしてブルーをあげています。パントンは、マルサラを主役の色というより、配色の要になる色と位置付けているようです。

マルサラを紹介するページのビジュアルには、明るいブルーとアイボリーが使われています。色彩調和には、ナチュラルハーモニーとコンプレックスハーモニーという考え方があります。明るい暖色と暗い寒色の組み合わせは自然界によく見られる配色なので、ナチュラルハーモニーと呼び、反対に、暗い暖色と明るい寒色の組み合わせを、コンプレックスハーモニーと呼びます。

コンプレックスハーモニーは、「不調和の調和配色」とも呼ばれ、斬新な印象を生み出すこともできます。今シーズンまでのブルーは、「ブルー・オン・ブルー」と呼ばれる同系色とグレー系でまとめたコーディネートが注目されてきました。2015年のカラー・オブ・ザ・イヤー「マルサラ」は、コンプレックスハーモニーに代表される、色相差と明度差のコントロールがより重要になってきていることを示しているのではないでしょうか。
アンケート

ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを行っています。10秒程度でご回答いただけますので、ぜひ、ご意見をお寄せください。ご協力をお願いいたします。

参考

© Hanae Matsumoto

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

マツモトハナエ

松本英恵

カラーコンサルタント
2005年6月より、All About(オールアバウト)カラーコーディネートガイド
好きな色、似合う色、売れる色、心をつかむ色など、さまざまな観点から、カラーコーディネート、カラーマーケティングのノウハウをお伝えしています。
著書に、『心をつかむ色とデザイン 商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座』(日本能率協会マネジメントセンター)、『和モヨウ配色手帖 オシャレな“和モヨウ”でもっと磨く配色レッスンBOOK』(技術評論社)などがある。

取材・仕事・講演のご依頼は、公式サイトへお願いいたします。
松本英恵のカラーコンサルティング

他の参加者を見る

松本英恵

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!