ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

心を掴む!カラーマーケティングの極意

マーケティング

033オーガニック志向への憧れを描き出す、映画『さいはてに』『リトル・フォレスト』

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
コラム「スキンケアブランドから探る、"ボタニカル"のカラーとデザイン」や「自然の色が新鮮に映る、2015年秋冬シーズンのカラートレンド」などが示すように、自然回帰は重要なトレンドのひとつ。ファッションやインテリアだけでなく、コスメ、食品など、ライフスタイル全般に広がりつつあるようです。主なターゲットは、"ボタニカル女子"と呼ばれる、内面から輝きを放つような外見づくりを志向する女性たち。「ナチュラル&オーガニック」を志向し、「ていねいな暮らし」を実践しようとする女性たちとも言えます。日本映画にも、このようなトレンドをとらえた作品が公開されています。

今回は、映画『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~ 』『リトル・フォレスト 夏・秋』『リトルフォレスト 冬・春』の3作品を事例に、女性たちの心をつかむ彩りとイメージを探ってみましょう。

かけがえのない場所で一杯の珈琲がつなぐ、『さいはてにて』

saihateni.jpg©2015「さいはてにて」製作委員会

永作博美と佐々木希主演の『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~ 』は、2011年に日本で初めて世界農業遺産に登録された能登半島(珠洲市)でロケーションが行われました。監督は、台湾の女性監督・姜秀瓊(チアン・ショウチョン)。世界各国で評価されている、注目の台湾人監督です。本作では、日本スタッフ、キャストとの混成チームをつくることで、世界三大映画祭や、日本、台湾、中国などでのアジア公開も視野に入れています。バンクーバー、釜山、ロンドン、ハワイ、台北、香港など、数々の海外映画祭への出品も決定しています。

saihateni02.jpg©2015「さいはてにて」製作委員会

主人公の吉田岬(永作博美)は、東京で一人生きてきた焙煎珈琲屋の女主人。幼い頃に生き別れになった父を捜して、故郷の能登に戻り店を開くことに。そこで出会った隣人のシングルマザーのキャバクラ嬢、山崎絵里子(佐々木希)とその子供達とのふれあいが始まります。

saihateni01.jpg©2015「さいはてにて」製作委員会

物語の舞台となる、奥能登のさいはての海辺に立つ朽ちかけた簡素な船小屋は、岬の手で改装され、焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲」として新しい空間へと蘇ります。岬と絵里子、生き方も価値観も全く異なるふたりが出会い、やがてそれぞれがほんとうの自分、そして大切なものに気づいていく。珈琲の香りと温もりが、ふたりの心を解きほぐしていきます。

奥能登の美しい風景を背景に、芳しい珈琲の香りが温もりとともに感じられる映像となっています。

生きるために食べ、食べるために作る、『リトル・フォレスト』

LF_summer.jpg©「リトル・フォレスト」製作委員会

五十嵐大介のロングセラーコミックを実写化した映画『リトル・フォレスト』も、岩手県でオールロケを敢行し、春夏秋冬の4部作が2つの作品に分けられ、製作されました。

本作の主人公はいち子(橋本愛)。東北の自然と食を通して、自分の本当の居場所を探しながら、一人の女性として成長する姿が描かれています。

LF_shoku01.jpg©「リトル・フォレスト」製作委員会

美しくも厳しい自然の情景、旬の素材を使った溢れる料理。スーパーやコンビニもない小森という村の集落では、自給自足に近い暮らしが残っています。生きるために食べ、食べるために作る。夏は畑でとれたトマトでつくったパスタや麹からつくった米サワー、秋には山でとったくるみの炊き込みごはん、栗の渋皮煮、冬は暖かいひっつみや小豆を入れて焼いたマフィン、春はふきのとうを使ったばっけ味噌、春キャベツのかき揚げ。四季折々の食材を使った、素朴で美味しい料理がたくさん登場します。野村友里主宰eatripがフードディレクションを担当した料理の数々も見所のひとつです。

LF_winter.jpg©「リトル・フォレスト」製作委員会

全てがひとつながりになった小森での暮らしは、夏に始まり、新しい春を迎えます。雪解けとともに、少しづつ畑の準備をすすめながら、いち子は春いちばんで植えるジャガイモを、今年は植えるかどうか迷います。来年の冬、ここにはいないかもしれない。いち子は、春の訪れと自分の居場所について答えを出します。

LF_spring.jpg©「リトル・フォレスト」製作委員会

ふたつの作品は、海辺と山間という違いはありますが、日本に残された美しい自然と四季のうつろいを背景に、「ナチュラル&オーガニック志向」の女性たちが憧れる「ていねいな暮らし」を描いています。ヒロインの生き方は三者三様ですが、人に頼らずにひとりで一生懸命に生きようとしています。そんなヒロインたちは、自然の中の暮らしを通して、人に寄り添うことに気づき、大きく成長していきます。

四季のうつろいの中で、表情を変える自然の色。色は見るものだけど、五感を働かせて感じるものでもある。美しい映像は、そんなことに気づかせてくれるのではないでしょうか。
作品情報
saihateni_poster.jpg

作品名:『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~ 』
公式サイト:http://www.saihatenite.com/
公開日:2015年2月28日
コピーライト:©2015「さいはてにて」製作委員会

LF_sa_poster.jpg

作品名:『リトル・フォレスト 夏・秋』
公開日:2014年8月30日
公式サイト:http://littleforest-movie.jp/sa/
コピーライト:©「リトル・フォレスト」製作委員会

LF_ws_poster.jpg

作品名:『リトルフォレスト 冬・春』
公式サイト:http://littleforest-movie.jp/ws/
公開日:2014年2月14日
コピーライト:©「リトル・フォレスト」製作委員会

© Hanae Matsumoto

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

マツモトハナエ

松本英恵

カラーコンサルタント
2005年6月より、All About(オールアバウト)カラーコーディネートガイド
好きな色、似合う色、売れる色、心をつかむ色など、さまざまな観点から、カラーコーディネート、カラーマーケティングのノウハウをお伝えしています。
著書に、『心をつかむ色とデザイン 商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座』(日本能率協会マネジメントセンター)、『和モヨウ配色手帖 オシャレな“和モヨウ”でもっと磨く配色レッスンBOOK』(技術評論社)などがある。

取材・仕事・講演のご依頼は、公式サイトへお願いいたします。
松本英恵のカラーコンサルティング

他の参加者を見る

松本英恵

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!