ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

心を掴む!カラーマーケティングの極意

マーケティング

041女性の眉の太さは景気を映し出す、眉メイクの最新トレンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
2014年春頃から、「ナチュラル太眉」がトレンドになっています。ローラさんや中村アンさんのようなハーフ顔のタレント、石原さとみさんや長澤まさみさんなど清純派女優など、「ナチュラル太眉」にもバリエーションがあるようです。

過去と未来のメイクアップの流行に関するコラム「「ジャパンカラー」と「スポーティポップ」、資生堂の未来予測が示すトレンドの行方」では、主にメイクアップカラーのトレンドをご紹介しましたが、眉の太さにも流行があります。景気が良くなると太眉が主流となり、凛とした元気なメイクが流行し、反対に景気が悪くなると、眉が細くなり、アンニュイな雰囲気が漂うメイクが流行するという傾向を読み取ることができます。

日経平均株価が2万円台になった2015年、「ナチュラル太眉」トレンドはどのように変化していくのでしょうか?今回は、新しい商品やサービスから、眉トレンドを読み解きます。

まつげエクステから、目もとのトータルデザインへ

眉毛サロンは、1990年よりLAでエステティシャンとしてのキャリアをスタートしたルーマニア出身のアナスタシア・ソアレが創業した「アナスタシア」が知られています。日本には、2004年10月に初上陸し、『ベスト眉ニスト』を発表したり、眉に関する情報を発信する特設サイト『美眉総研(BIMAYU-SOKEN)』を公開したり、眉毛に対する意識を高める牽引役となっています。

日本で、眉毛サロンが増え始めたのは、2008年~2010年頃。2011年以降、右肩上がりで人気が上がっています。眉毛サロンに先駆けて、「まつげパーマ」とともに1980年代から、まつげサロンが登場し、2000年代以降は「まつげエクステ」によって、まつげサロンは急増しました。「まつげエクステ」は韓国が発祥と言われ、毛束状のアイラッシュ(人工のまつげ)を水に強いグルーで装着します。

Blanc_main.jpgまつげエクステ専門店 Blanc(ブラン)の「アイブロウ」メニュー

従来から、まつげサロンは、ネイルやエステティックを兼業するケースが多いのですが、最近は、まつげと眉毛の施術を同時に行うサロンが登場しています。例えば、店舗数71店舗、11万人以上の会員数を有すまつげエクステサロン「Blanc」は、目もとのトータルデザインを担うブランドを目指し、2015年夏を目途に、Blanc全店舗でアイブロウメニューを新たに導入すると発表しました。

アイブロウのカラーバリエーション

眉毛サロンの施術代は、初回は5000円台、二回目以降は4000円台。パウダー、ペンシル、ライナー、ジェルなど、アイブロウ製品の価格帯は3000円前後。カラーバリエーションも充実していますが、主に、30代以上のユーザーが多いようです。

一方、ドラッグストアなどで販売されるアイブロウは、1000円前後。カラーバリエーションは2〜3色に限定されます。

「ナチュふさ眉」を提案する「ヘビーローテーション」

heavy_main.jpg「ヘビーローテーション パウダーアイブロウペンシル」

ヒロインメイクなどを展開する総合化粧品メーカー伊勢半は、2月9日、「ヘビーローテーション パウダーアイブロウペンシル」を発売。カラーバリエーションは、01ライトブラウンと02ナチュラルブラウンの2色。「ハリコシのあるナチュふさ眉」をキーワードに、眉毛美容液「ヘビーローテーション アイブロウ リッチセラム」を同時に発売しています。

「ナチュふわ眉」を提案する「ドド」

dodo_sub9.jpg「ドド アイブロウマスカラ」

10代から20代に人気のブランド「ドド」は、3月13日「ドド アイブロウマスカラ」を発売。「ナチュふわ眉」キーワードに、パウダリーに仕上がるペンシルタイプを提案しています。カラーバリエーションは、EM10ライトブラウン(明るめ~黄味ブラウンの髪に)、EM20アッシュブラウン(黒髪~明るめの髪に)の全2色。ヘアカラーの色に合わせた提案を行っています。同時に発売された「ドド ロングMマスカラ」は1色(黒)のみ。


「立体ナチュラル眉」を提案する「PS collection」

ps_sub1.jpg「PS collection(ピーエス・コレクション)」の「3Wayパーフェクトアイブロウ」

4月1日、全国の『PLAZA』・『MINIPLA』にて発売された、「PS collection(ピーエス・コレクション)」の「3Wayパーフェクトアイブロウ」は、ペンシル、パウダー、アイブロウの3つの機能が一本になった優れもの。カラーバリエーションは、01ナチュラルブラウン、02ライトブラウン、03グレイッシュブラウンの全3色です。

少し太めの下り眉と相性がよいのは、明るめのブラウン。眉山を強調した、ドラマティックな雰囲気の長めの太眉は、グレイッシュなブラウンが相性が良いようです。どちらのタイプの太眉もぼかしがポイントで、1980年代に流行した太眉に比べると、ふんわりと優しい雰囲気とそこはかとなく色気が漂います。女性のメイクは時代の価値観を映し出す鏡のようなもの。意志の強さとイノセントな魅力を兼ね備えた女性像が浮かび上がってくるのではないでしょうか。
参考(画像引用元)

© Hanae Matsumoto

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

マツモトハナエ

松本英恵

カラーコンサルタント
2005年6月より、All About(オールアバウト)カラーコーディネートガイド
好きな色、似合う色、売れる色、心をつかむ色など、さまざまな観点から、カラーコーディネート、カラーマーケティングのノウハウをお伝えしています。
著書に、『心をつかむ色とデザイン 商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座』(日本能率協会マネジメントセンター)、『和モヨウ配色手帖 オシャレな“和モヨウ”でもっと磨く配色レッスンBOOK』(技術評論社)などがある。

取材・仕事・講演のご依頼は、公式サイトへお願いいたします。
松本英恵のカラーコンサルティング

他の参加者を見る

松本英恵

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!