ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

いまさら聞けない!はじめてのCMS講座

ウェブ制作

Zenbackを利用して、MovableType.netとSNSを連携しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
本記事は、MovableType.net 活用ブログ に投稿した記事に加筆を加えて転載したものです。オリジナル記事はこちら です。

記事に対するリアクションやソーシャルでの評判を知りたいから、記事のフッターにソーシャルボタンをまとめて設置したい、と言う場合や、ブログ内の関連性のある記事を自動で表示したい、という場合、Zenback がおすすめです。

特に、Facebookコメントは実名を前提としたSNSという特性から、スパムコメントが投稿されにくくなる傾向があります。 この記事では MovableType.net のウェブサイトやブログに Zenback を設置する方法をご案内しますので、この機会にぜひ利用してみてください。

Zenback は無料で利用することができます。

zb00.png

Zenback 側での操作

  1. Zenback のトップページで「無料で新規登録 & コードを取得する」ボタンをクリックする
  2. zb01.png

  3. ログイン用の「メールアドレス」と「パスワード」を設定し、利用規約を確認してから「利用規約に同意する」チェックボックスを有効にする
  4. 「確認」ボタンをクリックする
  5. メールアドレスに間違いがないか確認し「決定」ボタンをクリックする
  6. 新規登録完了画面が表示されたら「次の画面へ(コード取得)」ボタンをクリックする
  7. Zenback 設置予定のブログ URL を入力し「次へ」ボタンをクリックする
  8. ブログ名に間違いがないか確認し「次へ」ボタンをクリックする
  9. フッターに設置したい項目にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックする
    ※ 「Facebookコメント」はFacebookの特性上、スパムコメントなどが投稿されにくいのでおススメです
  10. 表示されたスクリプトコードをコピーし「管理画面へ」をクリックする
    ※ スクリプトコードはZenbackの管理画面からいつでも確認できます

MovableType.net 側での操作

  1. MovableType.net の管理画面を開く
  2. Zenback を設置したいウェブサイト(ブログ)のサイドメニューから [デザイン] - [テンプレート] を開く
  3. zb02.png

  4. MEDIAテーマなど「Zenback」モジュールがある場合は該当テンプレートの内容に Zenback のコードを貼り付け「保存」ボタンをクリックする
    テンプレートが存在しない場合、「テンプレート・モジュール」項目の「新しくテンプレート・モジュールを作成」リンクをクリックして内容にコードを貼り付けます。名前は任意で設定してください。
  5. 表示

  6. 「記事」テンプレートのの後などZenbackを表示したい位置に以下の記述を追加し「保存」ボタンをクリックする
    <$mt:Include module="Zenback または任意のテンプレート名"$>
  7. zb04.png

以上で、設置は完了です。
Zenback は設置が完了してから表示されるまで、数分から最大数時間かかる場合がありますので、一日程度おいてから確認してみてください。

Zenback を設置すると記事へのリアクションや関連記事が簡単に見えるようになります。ウェブサイトやブログの運営に役立ててください!

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

オサナイタケシ

長内毅志

Movable Type プロダクトマネジャーを経て、現在、Movable Type エバンジェリスト兼デベロッパーリレーションマネジャー。

他の参加者を見る

長内毅志

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!