ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

Movable Type Tips

アーカイブマッピングにMTタグを使う

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数

Movable Type の出力ファイルを、どのようなURLで出力するかを定義するのが [アーカイブマッピング] です。記事やカテゴリアーカイブを出力する際に、アーカイブマッピングを定義することで、一定の規則でファイルが出力されます。

Movable Type のアーカイブテンプレートには、あらかじめいくつかの出力パターンが登録されていて、プルダウンで選んで設定を変えることができるようになっています。

アーカイブマッピング

このアーカイブマッピング、実は、あらかじめ準備されている設定だけではなく、独自の設定を行うことができます。また、MTタグを利用することもできるようになっています。

今回は、アーカイブマッピングにMTタグを利用してみましょう。例として、

  • ファイル名を、記事が投稿された日付で出力する
  • 西暦4桁+月2桁+日付2桁+時分秒

で出力する、という設定にしてみます。

まず、アーカイブマッピングの設定から [カスタム] を選択します。

アーカイブマッピングの選択

表示が変わりますので、以下のように変更してみましょう。

<$MTEntryDate format="%Y%m%d%H%M%S"$>.html

%Y、%m、%dは、日付をそれぞれ4桁の年、2桁の月、2桁の日で表すための記号となります。 同様に、%H%H%Sは、時刻を「時分秒」で表します。

記述が終わったら、そのまま保存します。

アーカイブマッピングの設定終了

これで設定は完了です。試しに、記事を公開して、確認してみましょう。

公開URL

公開URL2

URLが、日付の数値に合わせて公開されていることが分かります。

このように、アーカイブマッピングを設定することで、ファイルの生成規則をいろいろと定義することができます。

アーカイブマッピングの設定方法、およびMovable Type における日付フォーマットの設定については、以下のドキュメントをご覧ください。


© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

オサナイタケシ

長内毅志

Movable Type プロダクトマネジャーを経て、現在、Movable Type エバンジェリスト兼デベロッパーリレーションマネジャー。

他の参加者を見る

長内毅志

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!