ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

今 、クリエイターに求められるマーケティングセンス。知っておくべきことはこれだ!

コンテンツマーケティング

003LINEスタンプの売り上げUP!につなげる基本10の施策

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数

LINEクリエイターズスタンプが開始されてから半年が経過しました。

著者は受付開始と同時にスタンプを申請。
6月中旬にスタンプ第1弾をリリースし初月に16万弱、7月は68万弱の分配金(売り上げの50%から源泉所得税を差し引いた金額)を受け取りました。

その後スタンプを追加でリリースし、販売中のスタンプ数は10を突破。
右上がりに分配金が得られるかと思ったのですが、8月、9月の分配金はこちらです。

creators-be-ambitious_003_img.png

なんと、9月の売上はピーク時の半分以下に減ってしまいました。

それもそのはず。いまや販売しているLINEクリエイターズスタンプの数は2万を超えています。

長い審査期間を経てようやく販売できたとしても、膨大な数の中で埋もれるところからスタートです。
以前のように出せばそこそこ売れる状況ではありません。

そこで大事なことは、売上を伸ばすための施策です。
今回はあなたのLINEスタンプを売るための基本となる10の施策を取り上げます。


1. twitter を活用

Fotolia_51863525_Subscription_Monthly_M.jpg

twitter のアカウントを取得しましょう。

「xxxxx@LINEスタンプ販売中」(xxxxxはあなたのアカウント名)とアカウント名のあとに「@LINEスタンプ販売中」とつけてつぶやきまくれば、それだけで宣伝になります。
プロフィール欄も利用して、あなたのスタンプを積極的にPRしましょう。

また、購入してくれそうな人をかたっぱしからフォローしまくることも大事。
フォローする際、ツイッター検索を活用して購買層を探します。

仕事関連のスタンプを販売しているならば

  • 「仕事おわった」
  • 「仕事帰り」
  • 「仕事つかれた」
  • 「上司 ムカついた」

などで検索してみましょう。あなたのスタンプを使ってくれそうなユーザーが見つかるはずです。

2. Facebook で知り合いにお知らせ

Fotolia_36745074_Subscription_Monthly_M.jpg

スタンプをリリースしたら、Facebookで知り合いにお知らせしましょう。

スタンプを購入してもらうには知り合いからです。

ただお知らせするだけでなく、知人の意見を積極的に伺いましょう。
スタンプの感想を書き込んでもらえば、次回の創作にもつながります。

3. 関係者へプレゼント

Fotolia_62764125_Subscription_Monthly_M.jpg

LINEクリエイターズスタンプの規約には、違反とされる内容として、
「個人的な利用の範囲を超えて、第三者へ無償・有償で提供する目的であるもの (企業キャンペーンなどにより、来店者へスタンプをプレゼントするなど)」
と掲載されています。

個人的な範囲であれば第三者へのスタンププレゼントは大丈夫でしょう。

スタンプをプレゼントするなら、まずは相手選び。

知人や同僚だけでなく身内へのプレゼントも有効です。
学校での同級生とのやりとりは、SNS以上の強力なコミュニケーションエリアですから、あなたの息子や娘さんが学生ならばより高いバイラル効果が期待できるかも?

ママ友ネットワークだって無視できません
母親や妻へあなたのスタンプをプレゼントして、どんどん使ってもらいましょう。

また取引先の担当者へプレゼントすれば、担当者とLINEアカウントの交換をできるメリットもあります。

4. 2ch にURLを貼る

2chにはLINEスタンプ関連スレッドがあります。

自分のスタンプのURLを貼り積極的にPRしましょう。
罵詈雑言など気にせず、まずはあなたのスタンプに気がついてもらうことが大事です。

思い切ってスレッドを立てるのもひとつの手。

  • 「お母さん、変なスタンプわろた」
  • 「うちの妹かわいい」
  • 「ひきこもりの弟がLINEをはじめた」

などのスレッドを立て、あなたのスタンプを使ったやりとりを画面キャプチャで紹介しましょう。

まとめサイトに取り上げられれば、あなたのスタンプの知名度は一気に上昇します。

5. ブログで記事を書く

ブログを書いている人は、スタンプ販売のPR記事を書いてアップしましょう。

LINEクリエイターズスタンプは、いまやテレビなどのメディアでも取り上げられ多くの人が情報を求めています。

  • 審査から承認までの苦労話
  • スタンプ作成秘話
  • スタンプ作成で気をつけること
  • ぶっちゃけ、売り上げこんだけ~

などのテーマで情報を公開すれば、多くの人の目をひくはず。

ブログで記事を公開するなら、SEO対策も忘れずに
多くの人が検索しそうなLINEスタンプ関連のキーワードを記事に盛り込みましょう。
SEO対策についてはこちらを参考ください。


次ページ 6. ブログやサイトでバナーを掲載

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

スズキヒロユキ

鈴木 浩行

ウェブサイト制作ディレクターとして10年以上、業界に従事。フリーのウェブ制作ディレクターとして、クライアントとシステムエンジニアやデザイナーとの間に入り、調整役を担う。大手企業サイトから中小企業サイトまでこなした案件は多数。おすすめ書籍は『アート・オブ・プロジェクトマネジメント』(オライリー・ジャパン)

他の参加者を見る

MO IMAGE

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!