ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

こまったさんのFacebook勉強ノート

はじめての…

004こまった!Facebook広告の種類には何がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
園芸用品を販売するネットショップ「Koma.net」のマーケティング部に所属するこまったさんは、やさしい上司からもらったFacebookページの虎の巻を見ながら、Facebookページの運用に奮闘しています。

しかし、今回もこまったさんは、何かに困っている様子。

komatta-komatta.jpg「こまった、こまった!やっぱりどうしても『いいね!』が増えないよ!何がいけないんだろう?地道に続けるしかないのかなぁ?」

そこへこまったさんの上司がやってきて、
komatta-joushi.jpg「こまったさん、困ってるみたいだね。ぼくが予算をとってきたから、一度Facebook広告を出してみるかい?」
と言ってくれました。

komatta-komatta.jpg「Facebook広告かぁ〜。聞いたことはあるけど、Facebook広告って何?どうすればいいのかわかなんないよー!こまった、こまった!虎の巻で調べてみよーっと。」

その11 目的を決めるべし

Facebook広告にはいろんな種類があり、目的によって使い分けることができます。

komatta-nikkori.jpgのサムネイル画像「ふむふむ。まずは広告作成ツール(https://www.facebook.com/ads/create/)にアクセスするといいのね?」

初めてのときはここから作成するのが一番簡単です。

一覧の中から、自分は何に困っているのか、Facebook広告で何を改善したいのか、選んでみましょう。

komatta4_1.jpg
  • 投稿のエンゲージメント...
  • 自分がFacebookページに投稿したものの中で、「いいね!」やコメント、シェアの数を増やしたいときに使用します。
  • ページへのいいね!...
  • Facebookページそのものの「いいね!」を増やしたいときに使用します。
  • ウェブサイトへの誘導...
  • 自社のECサイトなど、外部サイトへの誘導を増やしたいときに使用します。
  • アプリのインストール...
  • Facebookアプリの開発事業社がFacebookアプリのインストール数を増やしたいときに使用します。
  • アプリのエンゲージメント...
  • Facebookアプリの開発事業社がゲームなどのFacebookアプリでアクティビティを増やしたいときに使用します。
  • イベントへの参加...
  • 自分が作成したイベントの宣伝をしたいときに使用します。
  • クーポンの利用...
  • リアル店舗で使用できるクーポンをFacebookで発行して拡散したいときに使用します。
  • 動画の再生...
  • 動画を使ってプロモーションを行いたいときに使用します。

こまったさんの場合は、Facebookページそのものの「いいね!」を増やしたいので、「ページへのいいね!」を選びます。

komatta-komatta.jpg「最終的にはKoma.netのアクセスを増やしたいから、『ウェブサイトへの誘導』や『投稿のエンゲージメント』を選びたくなるけど、それじゃダメなのね?」

その気持ちはよくわかりますが、今困っているのはFacebookページそのものの「いいね!」が少ないことなんですよね?

短期的に見れば、直接ECサイトへ誘導した方がFacebook経由のアクセス数は手っ取り早く増やすことができますが、それはよっぽどリンク先の外部サイトに魅力があって、「こんなに良いサイトがあることなんて知らなかった!!」と感動させることができないと、1度アクセスしただけで離脱してその場限りになってしまい、結局「いいね!」の増加にはつながりません。

長期的なファンを増やしたいのであれば、まずは「いいね!」を増やすことに集中するのがオススメです。

komatta-nikkori.jpgのサムネイル画像「わかった!じゃあやっぱりまずは『ページへのいいね!』を選択しよう!」

その12 広告出稿の準備をするべし

Facebook広告は画像で視覚的なインパクトを与えることがとっても大切です。

『ページへのいいね!』の広告の場合、推奨画像サイズは1200×444ピクセル。最大6件の画像が登録でき、どの画像がもっとも効果が高いか、測定することもできます。作成する広告の種類によって推奨画像サイズが異なるので、詳細は公式ページで確認してください。

画像を用意するのが大変なら、「ストック画像」からSHUTTERSTOCKの画像を無料で使用することが可能ですので、ぜひ複数の画像を登録してみましょう。

広告以外の投稿で使用する画像の作成のヒントになるはずです。

komatta4_2.jpg

ちなみに、Facebookの規定により、画像内の文字は20%を超えて使用できませんので、ご注意を。
(※Facebook広告ガイドラインhttps://www.facebook.com/ad_guidelines.php

また、広告文として90文字以内のテキストを作成して、魅力を伝えましょう。Facebookページを宣伝する場合、見出しは自動的にFacebookページの名前となっていますが、詳細オプションで25文字以内で編集することも可能です。

さらに、右に表示されるプレビューを見ながら、広告の配置先を選択することもできます。

PCのニュースフィード(友達の近況が流れて来るところ)に表示される「デスクトップニュースフィード」、スマートフォンやフィーチャーフォンに流れる「モバイルニュースフィード」、Facebookの右側に表示される「右側広告枠」の3種類があり、不要なものは任意で削除してください。

その13 対象ユーザーと予算を決めるべし

次に、「オーディエンス」と呼ばれる対象ユーザーを絞り込みます。必須なのは国だけなので、あとは任意で設定しましょう。広告の費用対効果を高めるためには、多過ぎず少な過ぎず設定する必要があります。広告の配信対象者(推定リーチ)が多過ぎると、まったく興味のない人のところまで配信されてしまい、広告費の無駄遣いを招きますし、逆に少な過ぎると、母数が少ないために多くの「いいね!」を集めることができなくなってしまいます。

以下は「日本」の「20歳以上」の「女性」で「ホーム・ガーデニング」が趣味の人で絞り込んだもので、配信対象者は360,000人いることがわかります。自社の見込顧客を想定しながら、いろいろと試してみると良いでしょう。

komatta4_3.jpg

最後に、広告の予算を設定します。

予算は「1日当たり」と「通算」で上限を設定できる他、掲載期間の設定も可能です。

komatta4_5.jpg

また、「詳細オプションを表示する」をクリックすると、プルダウンで入札方式を選択することもできます。

  • 「ページへのいいね!を増やすために最適化」...
  • Facebookページのいいね!が増えるように入札価格が最適化されます。 広告が配信されるたびに料金が発生します。
  • 「クリック数に応じて最適化」...
  • 広告のクリック数が増えるように入札価格が最適化されます。 広告が配信されるたびに料金が発生します。自動入札か自分でCPC(1クリック当たりの金額)を設定できます。
  • 「インプレッションを増やすために最適化」...
  • 1000インプレッション当たりの入札額を任意で設定する方法です。広告が配信されるたびに料金が発生します。

しかし、最初はFacebookのオススメにしたがって、そのまま変更せずにデフォルトのままにしておき、後々いろいろなテストをして効果検証する際に、参考となる基本データとして取っておく方が良いのではないかと思います。

あとは注文を確定すれば、完了です。

komatta-nikkori.jpgのサムネイル画像「私にもできたー!最初から正解なんてわかんないんだから、とりあえずやってみるしかないわよね!」

参考URL
Facebook広告
https://www.facebook.com/advertising/

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

ノモトマドカ

野本纏花

1983年生まれ。元マーケターのフリーライター。2011年よりWriting & Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。 All About インターネットサービス ガイド。MarkeZine、ライフハッカー[日本版]、サイボウズ式、roomie、HRナビなど、Webを中心に様々な媒体で執筆を重ねる。 共著『ひとつ上のFacebookマネジメント術』[技術評論社]

他の参加者を見る

野本纏花

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!