ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

フリーランスの自分マーケティング

マーケティング

007起業したばかりでどうやって集客する?ホームページを作ることから始めよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
マケポをご覧のみなさん、こんにちは。久々の登場となりましたライターの、のび太です。今年3月にカナダから帰国し、フリーランスを経て自分の会社を設立することになりました。今回の連載では、起業してから僕がどのように集客していったのかを以下の3つの観点からお伝えしたいと思います。

  1. ホームページ
  2. ブログ
  3. YouTube動画
いずれも今の時代において、集客ツールとして大いに利用されています。しかし、効果的な使い方やノウハウを知っている方はそう多くはないのではないでしょうか?集客で工夫した点やその結果、わかった課題などをお伝えすることで、これから起業しようと思っている方の参考になれば幸いです。





起業したらまずはホームページ(公式サイト、コーポレートサイト)

起業してまず必要になるものといえば何でしょうか?名刺、印鑑、事務所、社員、機材etc。いろいろあると思いますが、そのうちのひとつがホームページです。

困ったときやほしいものがあったとき、ほとんどの人はネットを使って検索します。人々の悩みを解決する手段として、あなたのサイトがネット上に存在することで、「認知 → 興味 → 購入」という流れが生まれます。

ほしいもの、悩みを調べるネット上にこそ、あなたのお客はたくさんいます。そこでまず知られるための第一歩がホームページです。

業種によっては特に急いで作る必要はないかもしれませんが、WEBに関わる仕事で起業するのであれば、やはり必須ツールです。僕の場合は、ウェブ制作をメインとしているので、優先的にホームページを作成しました。

僕が会社ホームページ作りで意識した点は以下の4つです。

  1. どんな商売かすぐわかる
  2. 特徴(強み)をシンプルに伝える
  3. レスポンシブ
  4. ページ遷移なし
homepage.jpg

1. どんな商売かすぐわかる

ウェブサイトは訪れて3秒以内に何のサイトであるか理解されなければなりません。ネット上の人達は短気です。「ん?これ何のサイト?」と考えさせた時点で帰ってしまいます。

ファーストビューで、「ウェブ制作風景画像」の背景と「あなたの想いをWebで届けたい」という文言によって、すぐに「ウェブサイト作ってくれる会社だ」とわかるようにしました。


2. 特徴(強み)をシンプルに伝える

お客さんが一番知りたいのは、「この会社は何ができるのか?」です。会社によっては様々なサービスや商品があると思いますが、まずは一番強み(お客さんに貢献できる)と思われる商品・サービスをシンプルに短い言葉で伝えましょう。

詳細な説明は別ページなどにして伝えましょう。とにかく最初は「シンプル」&「すぐにわかる」を意識します。僕の場合は、以下3つをアイコンとともにシンプルな言葉で伝えています

  1. スマホ、タブレット対応(レスポンシブ対応)
  2. WordPress導入・カスタマイズ
  3. サイト管理・更新サポート
この3つが自分ができることの中で、最も需要があり最も貢献できることではないかと考えました。


3. レスポンシブ

マルチデバイスで見れることはいまや常識ですが、いまだにレスポンシブ対応されていないWeb制作会社・フリーランスのホームページは意外と多いです。

法人を相手にするWeb制作会社ならば、スマホユーザーを意識する必要はないかもしれません。しかし僕の場合、アクセスはブログからのスマホユーザー流入が大半だと思われたため、レスポンシブ対応は必須でした。

また、たとえほとんどPCユーザーだったとしてもレスポンシブ対応を強みにしていくならば、自分の会社のサイトがレスポンシブになっていなければ信用度は下がるかもしれません。


4. ページ遷移なし

各トピック(サービス内容、お問い合わせetc)ごとにページが別れるのではなく、全て1ページ内に収めスクロール移動するという形式を採っています。

これはスマホユーザーを意識してのことです。どんなに読み込み速度を早めてもスマホの場合つぎのページに行くまで2〜3秒かかってしまいます。ネット上の1秒、2秒は非常に長く感じます。待っている間にユーザーが逃げてしまう可能性は大いにあります。

1ページ内に収めるということで、コンテンツをいかにコンパクトにするかが重要でした。別ページにいけば詳細な説明を長く載せても不自然ではありません。しかし、シングルページの中ですべてのトピックの詳細を全部載せてしまっては長すぎて確実にウザがられます。


課題(反省点)

追加コンテンツ

お知らせ、Youtube動画、OEM製品などの追加コンテンツはやむ得なく別ページに。(同じページ内に収めようとすると、どんどん長くなっていってしまいます。)制作当初は追加コンテンツを全く意識していませんでした。

ヘッダー部分のグローバルナビゲーションが幅いっぱいになってきて、これから追加するかもしれないコンテンツ(お客さん様の声etc)の設置に困ってしまいました。

お知らせ情報

info.jpg 会社の制作実績・ニュースなどを伝える「お知らせ」をブログとして追加しましたが、あまり更新できておらずほとんど意味がなかったかもしれません。

あとからわかったことなのですが、クライアントのサイトを制作実績として公表できるケースは多くありません。1つの案件では様々な人・会社が複雑に携わっており、そう簡単に公表を許可できるものではないのです。

もしこれから新規事業をどんどんやっていくならば、頻繁に更新していけるかもしれませんが。。


さいごに

僕の場合は会社ホームページを作り終えた瞬間に「あぁ、自分は本当に起業したんだなぁ〜」と実感しました。ここからが本当に始まりという感じです。

起業直後にやらなければならないことはたくさんありますが、集客のためにまずはホームページ作りだと思います。それが第一歩目。自分のビジネスをわかりやすく伝えるために、ぜひとも工夫していきたいものですね。

ただし、ホームページを作っただけではもちろん全く集客できません。ネット上で無数に存在する1つに過ぎず、誰も見つけてくれません。そこで重要になってくるのがブログです。ブログを使った集客については次の記事でご紹介します。





© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

ノビタ

のび太

Web制作会社「NOBITA」の社長をやっております、のび太と申します。大学卒業後、お金を貯めカナダに留学。バンクーバーのビジネス学校で好きな人に出会ってしまったため、日本に帰らず現地企業に就職。未経験ながらWeb制作、メディア運営、ライター業などの仕事に奮闘する。帰国後、フリーランスのWebデザイナーとして独立し、2014年5月、自身の会社を設立。「伸びていくWebサイトをお届けする!」がモットー。 ブログ:がんばれ!のび太!

他の参加者を見る

のび太

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!