ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

フリーランスの自分マーケティング

マーケティング

008ブログは最強の集客ツールになる!ブログ集客で意識した点について

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
前回は起業したばかりの方がまず行う集客施策としてホームページ作りについてご紹介しました。今回は「ブログ」という集客ツールに関していろいろお伝えしていきます。

なぜ集客にブログが必要か?

どんなにホームページが充実していたとしても、認知されなければ何の意味もありません。ホームページへ見込み客を送り込むツールとして、ブログの活用をオススメします。

起業したばかりの方の集客といえば、

  • 前職からの紹介
  • 知り合い・友達つながり

がほとんどでしょうか?

「知り合いからもらう仕事だけで十分食っていける」といういう方もいるかもしれません。またランサーズなどのクラウドソーシングから常時仕事を受注しているからもいるでしょう。

僕がブログをオススメするのは、新規客の獲得につながるからです。しかもお客さんの方からアプローチしてくれるようになるのがかなりありがたいです。

どんな商売でも固定客だけでは危険です。会社を潰さないためには、リピート客とともに常に新規客も入ってくる状態が理想的といえるでしょう。

起業する人は誰しも人脈が豊富だとは限りませんよね?起業後、誰も知り合いがいない、繋がりが全くないという状態ではお客が誰も居ないという状態になるのは目に見えています。

ブログなら新規客を集客することができます。

僕自身ブログの集客効果はかなり実感しています。 起業前から個人ブログとしてやっていましたが、起業後にいろいろ工夫をした結果、アクセスが大幅に増え、問い合わせも増えました。ありがたいことに、今では月に平均4〜5件の問い合わせ、そのうち1〜3件は受注につながっています。

これらはすべて「新規客」です。起業後ほとんど人脈のなかった僕は、ブログなしなら食っていかれない状態だったかもしれません。

自分自身を全面に出す

blog.jpg

がんばれ!のび太!

フリーランスのWeb屋でブログをやっている方は多いです。そのほとんどはWeb制作に関するノウハウ・知識・技術を提供するものです。これらのノウハウ情報は人が集まりやすく、「自分はこれだけ知っていますよ〜」ということをアピールできるため集客には効果的です。

しかし、「自分が同じことをやっても差別化できない(=集客できない)」と感じました。Web制作に関するブログは現状ライバルが多すぎます。かなり精通している人(書籍をバンバン出してるレベル)ならまだしも、飛び抜けたWeb知識・技術なしで、Webノウハウブログをしても集客できないと思いました。

そこで僕は技術をアピールするのではなく、「『自分という人間』をわかっていただくためのブログ」という考えに転換しました。自分の失敗談、人生教訓、恋愛経験さえも書きました。

Fotolia_57929512_Subscription_Monthly_M.jpg

「ウェブに関係ないことを書くなんて意味あるのか?」とあなたは思うかもしれませんね。

見込み客目線で考えたときに、「技術が高い」ということは間違いなく安心材料になります。しかし、ビジネスは基本的に人間同士。どんなに商品・サービスが良くても「売っている人」が嫌いだったら人は買いません。

起業したあなたはまず自分自身が商品という考えをもたなければなりません。「こいつになら仕事を頼んでみようかな?」と思わせる人間性がとても重要です。

自分自身を偽る必要は全くありません。本当の自分をさらけ出してわかってもらった方が絶対にいいです。それによって自分と合わないお客が入ってくることを防ぐことができます。自分を好いてくれる人とだけ仕事をすることができます。

Fotolia_44272579_Subscription_Monthly_M.jpg

記事作成で気をつけたのは、決してただ単の日記にならないということ。ユーザー目線で読むだけの価値があるコンテンツを作ることです。 ブログ集客ではコンテンツの質が高いことが大前提です。

また、起業後は更新頻度を上げ、経営者向けのビジネスノウハウのコンテンツを増やしました。自分のターゲット(5人以下の中小企業、個人事業主さま)がより好みやすいジャンルを意識的に選ぶようになったと思います。

自分がWeb屋だからといって、もしWebノウハウブログにしていたら、多数のライバルたちに埋もれ全く集客できなかったかもしれません。起業後の失敗談、恋愛体験などのコンテンツを流したことで、「なんかおもしろいWeb屋がいるぞ(笑)」という印象を与え、結果的には他社と差別化することができたのではないかと思っています。

課題(反省点)

会社が運営する「"集客するブログ"としてはちょっとなぁ...」とも感じています。それは以下の2点です。

ネタ(ジャンル)が広がりすぎている

ブログを始めた当初、特定の分野を決めず始めてしまったことで、あらゆるジャンルが散乱するブログになってしまいました。(※ブログ開始時は将来起業するという考えは全くもっておらず、WordPressの勉強と文章力を鍛えることが目的でした。)

多数の記事が検索上位にでるSEOの強いブログでしたので、起業後に集客ツールとして利用しない手はありませんでした。

これからもっと集客していくために特化サイトにしようかなと考えていますが、「ブログのリピート層が離れてしまうのでは?」と危惧しています。

WEB屋だとは思いづらい。。

Web以外のことをじゃんじゃん載せているブログで、Web関連の仕事を依頼しようと強くは思いません。そもそもWeb屋がやっているブログだとは思いづらいですね。

明らかにWeb制作に関するノウハウを伝えるブログの方が、興味をもってくれた人が即依頼となりやすいです。

かといって、Web知識・ノウハウを伝えるブログは他の制作会社・フリーランスが多くやっているため差別化が難しい。差別化を図りつつ、なおかつWeb制作の依頼を受けやすいブログにしていかなければなりません。

ずば抜けて強い集客力をもつブログ例

最後に、個人ブログとは思えないほどのアクセスを集め、非常に高い集客力をもっているブログを3つご紹介します。

わかったブログ

wakata.jpg

わかったブログ

静岡に住むウェブマーケターのかん吉が運営するブログ。ブログ・ブランディングノウハウ、書評、ライフハックなど幅広いジャンルの記事を毎日更新しています。1日平均1万PV、Facebookフォロワー6,400人以上と、一般企業メディアを上回る人気度を誇ります。

No Second Life

secondlife.jpg

No Second Life

ブロガー・立花岳志さんが運営する個人ブログ。タイトルは「二度目の人生はない」という意味で、一度しかない人生を後悔のないよう、力いっぱい生きたいという自分へのメッセージだそうです。Mac、iPhoneなどのアップルガジェット系、書評、グルメなど、幅広いジャンルの記事を1日3〜5記事更新しています。月間PVは約160万。個人ブログとは思えません。セミナー開催や自身の書籍発表などで大いに集客・宣伝効果があるようです。

Webクリエーターボックス

webcri.jpg

Webクリエーターボックス

Webデザイナー・Manaさんが運営するブログ。上記2人と違ってWeb系記事に特化していますが、Webに興味がある人以外にも多く知られており日本でとても知名度の高いブログです。更新頻度は高くありませんが、コンテンツの質がずば抜けて高く、多くのWEB系ブログでシェアされまくっています。その結果、自然と認知度・SEOは上がっていき、多くのWEB関連ワード検索で引っかかています。

ご紹介した3つのブログは月間100万PV以上もあり、広告収入だけで食っていけるほど稼げているかもしれません。一般人が到達できるレベルではないかもしれません。。

しかしわかっていただきたいのは、ブログにはそれだけ集客できる可能性があるということです。起業したばかりの方はぜひとも集客に生かしていきましょう!


© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

ノビタ

のび太

Web制作会社「NOBITA」の社長をやっております、のび太と申します。大学卒業後、お金を貯めカナダに留学。バンクーバーのビジネス学校で好きな人に出会ってしまったため、日本に帰らず現地企業に就職。未経験ながらWeb制作、メディア運営、ライター業などの仕事に奮闘する。帰国後、フリーランスのWebデザイナーとして独立し、2014年5月、自身の会社を設立。「伸びていくWebサイトをお届けする!」がモットー。 ブログ:がんばれ!のび太!

他の参加者を見る

のび太

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!