ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

流行の知育アプリ業界。他社との差別化やマーケティングの事例に迫る!

マーケティング

003Tribeplay社(Dr. Panda)の事例 - 中国製とは思えないクオリティーの高さに満足度が高い知育アプリシリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
中国 TribePlay(成都威尔帝软件有限公司)
http://tribeplay.com/

それもそのはず、拠点は中国の成都にありながら、実はオランダ人がCEOを務める企業でした。
設立は、2008年。もともとは、ゲームの受託開発をメイン業務としていましたが、2009年に6~12歳向けのアバター空間を発表し、オランダで高い評価を受けました。ロールプレイなどによる子ども向け生活スキルの学習に着眼し、2012年に最初のDr. Pandaゲームをリリース。以来同シリーズで数々のアプリを開発し続けています。

今までに20のタイトルでアプリをリリースし、100以上の国々でダウンロードされています。 そして、50以上の国々で、iOSアプリのキッズゲームのカテゴリでランキング1位を獲得。どのアプリも、iOSとAndroid版の両方をリリースしており、2014年7月の時点で、2500万以上のダウンロード数があります。

Dr. Pandaシリーズは、パンダをメインキャラクターに、カバやカメなど子どもたちが大好きな動物たちが登場する子ども向け知育アプリです。おもに幼児(未就学児)を対象にした内容となっていて、日常生活で興味を持つ分野が網羅されています。



中国・成都に拠点がある国際色豊かな構成のチーム

中国に、しかも上海や北京といった国際企業にとってメジャーな立地ではないにもかかわらず、なぜ成都なのでしょうか?

実は現在、成都市内に拠点をかまえる外資系企業は約6000社。しかも、世界トップ500に入る企業200社以上が進出し、中国中部・西部でいま最もホットな街です。この地を選んだ確かな理由はわかりませんが、成長し続ける中国に魅力を感じ、チャンスを得るには、十分な場所なのかもしれません。
そんなTribePlayは、国際色豊かなチーム構成で、デザイナー、アーティスト、プログラマー、マーケッターが一緒に働いています。
(オランダ、イギリス、フランス、ポーランド、フィンランド、デンマーク、アメリカ、スペイン、ドイツ、スウェーデン、そして中国から集まっているそうです。)

異なる文化や生活習慣を背景に持つ彼らがアイデアを出し合うことで、世界中で受け入れられるアプリが完成しているのかもしれませんね。

Dr.Panda 公式サイトで紹介されているように、チームでの共通理念があることで、シリーズのアプリが一貫して質の高いものとなっているに違いありません。

Dr. Pandaシリーズが、世界中の親子に信頼されるブランドになるようにチーム一同努力しています。
Dr. Pandaは、子どもたちを笑顔にし、想像力と創造力を刺激するようなシリーズとなることを目標にしています。
私たちは、子どもたちが生活上で、あるいは彼らのまわりにある世界に対して抱く、情熱や好奇心のためのプロダクトを作りたいと思っています。私たちが目標とするところは、私たちのゲームが子どもたちを笑顔にすること、そして、想像力や創造力や冒険心を刺激することで、子どもたちの生活によい影響を与えることです。

でも、なんでパンダ?

拠点である中国の成都という場所は、とても歴史が古く美しい都市なのですが、ここは、ジャイアントパンダでも有名です。

パンダをメインキャラクターにした理由について、公式サイトでは次のように記載されていました。

成都の人々にとって、ジャイアントパンダは、誇り高きシンボルでもあり、それが私たちチームがこのかわいくて魅力的な生き物に特別なご縁を感じているゆえんです。

drpanda.jpg

ローカルの人々に愛されるキャラクターを採用することで、ユーザーに親しみやすいシリーズになり、それが、たくさんのファンを獲得できるようになったひとつの要因だったのかもしれません。

子どもたちの日常生活に近い、身近な体験ができるのが魅力です。

たとえば、『Dr. Pandaの幼稚園』は、幼稚園生活を送る3歳からにぴったりの内容ですし、『Dr. Pandaのスーパーマーケット』や『Dr. Panda の郵便屋さん』は、お金の仕組みや働くということに関心を持ち始める幼い子どもたちの好奇心を十分に満たしてくれそうなつくりになっています。

シリーズ全体を通して、幼児期に抱く好奇心の芽を遊びながら伸ばすよい機会にもなるかもしれません。


【TribePlayの成功要因】

  1. 国際色豊かなチーム構成で、世界に向けて発信する上で柔軟なマーケティングができる
  2. ご当地(中国、成都)のキャラクターをうまく取り込み、ファンを広げた
  3. 子どもの日常生活で身近にあるところの題材をテーマにした

【執筆中に気づいた海外のキッズアプリ制作会社に共通すること】

  1. NAPPA Awardを受賞している
  2. プレスキットが充実している(Flickr等で簡単にダウンロードできる)

参考

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!