ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

お子様業界最前線!キッズマーケティングを制するには、ココをおさえておけ!

マーケティング

002ポケットの種類と性質を掴んでマーケティングに生かしましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
少子化といわれている通り、子供の数そのものは減ってきているにも関わらず、キッズマーケティング市場がいつにも増して賑わっているには理由があります。それは、子供1人当たりにかけるお金が昔よりも増えてきていることです。家計に占める子育てに関する費用を知り、一体どこのお財布からお金が出てくるのかを考えてマーケティング戦略を練ることが時代に乗る大事なポイントといえます。

子供のためにお金を出してくれる"親族ポケット"が拡大中!

子供が生まれると、父親と母親は自分の子供に物やサービスを買い与えます。更にその親、つまり子供から見たらおじいちゃんおばあちゃんといった世代もお祝いごとの時や会うたびになにかとお金を出しますよね。両親と双方の家の祖父母だけでも6つのお財布、ポケットを持っているのが子供です。そんな親族ポケットに近年新しいタイプが生まれつつあるのをご存じだったでしょうか。

晩婚化が進む日本に、新たなポケット"おじ・おばポケット"誕生

女性のキャリア形成がより具体的に描かれるようになりました。それもあって今や日本は晩婚化が進む一方です。結婚年齢が上がると同時に初産年齢も上がり、未婚のおじ・おばという存在が増えてきたのです。姪っ子、甥っ子には出費を厭わない...目に入れても居たくない、と言わんばかりの無償の愛がここにあるのです。両親が「これは必要だから」と思いなにかを買い与えるのとは違い、このおじ・おばポケットは「これ可愛いから」「喜ぶ顔が見たいから」といった理由でプレゼントを用意する傾向があります。そういった意味では、社会経験が十分な年代のポケットが増えたということを頭において販売戦略に組み込むべきでしょう。

エンジェル係数は低下傾向。二極化が進むからこそ頼れる祖父母ポケット

不景気が騒がれる今日、野村証券では定期的に家計と子育て費用調査"エンジェル係数"という調査を行っています。家計における食費の割合を示す"エンゲル係数"をもじった造語です。一番新しいデータで2007年のものになりますが、この時点ですでに年収によって景気動向の評価が二極化していました。高年収層では景気が上向いていると感じている人が増えた一方で、低年収層だとネガティブな評価が多く見られたことから、それ以降更に消費増税や各種税の控除が廃止され、子供手当も減り...この二極化は進んでいると考えられます。そういった点でも、子を持つ家庭の夫婦が子供にかけるお金というのは限りがあると考えるのが普通です。では、いったいどのポケットが金銭的に力を持っているのかというとズバリ、祖父母ポケットです。

昔以上に力のあるポケットに期待大!祖父母ポケット

野村証券の第10回家計と子育て費用調査において、祖父母から子供宛てに年間14万円超の援助があるという結果が出されています。おこづかい・現金といった形が最も多く、更には習い事やおけいこごとに対しても祖父母ポケットからお金が出ているのです。「子供のために、なにかしてやりたい」と思うのが、おじ・おばポケットとの考え方の違う点です。教育的観点から子供になにかを買い与えることも祖父母ポケットの大きな特徴であり魅力ともいえます。少子化が進み、孫が可愛くて仕方ない反面将来への不安もぬぐいきれない世の中...「なんらかの形で子供に知識やスキルを植え付けたい」という強い思いの元、子供のためにと出資を惜しまないのがこの強力な祖父母ポケットなのです。

多様化するポケットそれぞれにヒットさせる商品やサービスを

子供の絶対数は減ってはきているものの、子供1人へ対するポケットが増大しているというのはビジネスチャンスといえます。日々変化し多様化していくポケットそれぞれのニーズに合わせた商品開発を行うことによって、ポケットを的確にとらえて売り上げ増加を狙いましょう。

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

doffy

doffy

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

他の参加者を見る

doffy

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!