ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

お子様業界最前線!キッズマーケティングを制するには、ココをおさえておけ!

マーケティング

014いきなり自転車デビュー!ペダルなし自転車が人気の理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
ペダルの付いていないミニサイズの自転車、見たことがある人も多いのではないでしょうか。
ここ数年で爆発的ブームとなっている、このペダルなし自転車。
なぜこんなにも多くの人から支持されているのか、その秘密に迫ります。

ペダルなし自転車の特徴とメリット

「ストライダー(STRIDER)」に代表されるペダルなし自転車。
その最大の魅力は、「小さい子供のバランス感覚を養う」ということです。

通常の自転車を漕ぐためには平衡感覚が必要です。
自転車に乗れるようになるための練習で苦労した覚えのある人も多いのでは?

ペダルなし自転車は両足で地面を蹴って進むことにより、自然と平衡感覚が身につきます。
さらに、初めて乗る子供でも大人の介助はほとんど要らず、小さい子供でも自分で乗ることができる手軽さも。
親が楽だという点と、子供が後々自転車の練習で苦労しないようにという理由から、購入するケースが多くなっているのです。

また、三輪車や補助輪自転車を買うより、ペダルなし自転車なら一台で済むことも大きなメリットです。
住宅の駐輪スペースが限られている都市部では特に、ペダルなし自転車が強く支持されています。

また、車体は2・3歳児をメインターゲットにして作られているので、軽くて持ち運びしやすいのも特徴の一つ。
2歳くらいの子供でもしっかり車体を支えられるので、親も安心です。

カスタマイズして、オリジナリティを出す楽しみ

ペダルなし自転車にはカスタマイズする楽しみもあります。
これが親の、特に父親のメカニック心をくすぐるようです。

例えばハンドルやグリップ、タイヤも好きなタイプに取り替えることができ、自分だけのデザインモデルにカスタマイズすることができます。
子供が使うとはいえ人と同じ物はイヤ、という大人の気持ちを満足させる点も人気の理由の一つなのではないでしょうか。

その人気のあまり、一家に一台あるといっても過言ではないペダルなし自転車。
お友達のものと間違えないためにも、カスタマイズして個性を出すことが必須なのかもしれません。

参加型イベントに、親子で盛り上がる!

ペダルなし自転車限定の参加イベントが行われていることをご存知ですか?
一年を通して全国各地でイベントが行われ、2~5歳前後のたくさんの子供たちと親御さんが参加しています。

会場はサーキットなどの本格的な走行場が用意され、子供の大会とはいえ、まるでプロレーサーのような雰囲気で走行が楽しめます。
上位入賞者にはトロフィーや賞状が授与され、親子の競争心が刺激されるという一面も。
大会の高揚感と広い会場で走る楽しさが、多くの親子を虜にしているようです。

これまで子供の乗り物といえば、三輪車や補助輪付き自転車が主流でした。
これらの乗り物は大人の付き添いや誘導が必要で、乗っている子供自身の操作性もそこまで自由度が高くありませんでした。

しかしペダルなし自転車では、乗り始めこそ練習が必要ですが、数時間後には自由自在に乗りこなす子供が大半です。
2歳児でも大人が走るより速いスピードで走行することができ、非常に自由度の高い運転が可能なのです。

慣れてくれば、大人と同じくらいのスピードで移動することができ、ベビーカーや三輪車より場所を取らず効率よく動くことができるのも、ペダルなし自転車の特徴です。
子供の乗り物でありながら、大人も一緒に楽しめる。
これがペダルなし自転車の絶大な人気の理由だと言えそうです。

参考サイト

ストライダー:http://www.strider.jp/

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

サリュ

saryu

経歴:東京都在住。3児の母。育児の合間を縫ってフリーライター活動を始め、現在は学校と幼稚園の役員をしながら在宅ワーク中。趣味は読書、特技は妄想で、時々家族に心配されます。

他の参加者を見る

saryu

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!