ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

お子様業界最前線!キッズマーケティングを制するには、ココをおさえておけ!

マーケティング

016なめても平気!自然由来の材料で作られているおもちゃ

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
赤ちゃんの遊ぶおもちゃは安全性が気になるところ。
今回はなめたり口に含んでも安心な、安全素材でできているおもちゃについて調べてみました。

材料も製造も純国産「お米のシリーズ お米のおもちゃ」

「お米のおもちゃ」はピープル株式会社による、純国産米を使用したおもちゃのシリーズです。
大きなヒット商品となった「お米のつみき」は原料の約50%が国産米で、栃木県の工場にて一つ一つ手作りで作られています。

「お米のおもちゃ」シリーズは素材が安心なだけではありません。
赤ちゃんが楽しく遊べるよう、さまざまな工夫が凝らされているのです。

例えば大きさは赤ちゃんが握りやすいサイズ感になっており、小さな手でもしっかり持てる4センチ前後のピースで構成されています。
中にお米のビーズが入っている物もあり、転がすと音が鳴り、赤ちゃんの五感を刺激する工夫も。

また、1つのピースは20~50gで、高く積んだり投げたりしても大丈夫なように配慮されています。
リングや型はめといったユニークな形のピースも含まれ、赤ちゃんから幼児期まで長く遊ぶことができるのです。

本物の野菜粉末を材料にクレヨン職人が作る「おやさいクレヨン」

「おやさいクレヨン ベジタボー」は、国産のお米と野菜から作られたクレヨンです。
廃棄されてしまうことの多い米ぬかから取れるワックスと、野菜の外葉などを原料に使用し、エコで安心品質なクレヨンとなっています。

本物の野菜の粉末が含まれているので、ざらざらとした描き心地が特徴。
色名も「ほうれんそう」「くり」という風に素材の名前をそのまま使い、野菜そのものに近い色合いを実現しています。

このクレヨンの成分はライスワックスと野菜粉末、口に入れても安心な成分の顔料のみ。
小さな子供がなめても安心で、素朴な自然の色を楽しめるように設計されているのです。

これまでに第3弾が発売され、すぐに売り切れとなっている人気ぶりです。
購入するにはタイミングの良さが必要ですが、贈り物にしても喜ばれる逸品なので、見つけた際は要チェックのアイテムです。

安全性はもちろん、美しい色と使いやすさが魅力の「蜜蝋(みつろう)クレヨン」

1922年に創立されたStockmar(シュトックマー)は、もともとは養蜂家のためのミツバチの巣箱を制作する会社でした。
その後、蜜蝋製品を作る技術を活かして開発されたのが、この蜜蝋クレヨン。

Stockmarでは独自の基準によって原料の品質と製造手順を厳しく管理し、おもちゃ産業より基準の厳しい食品基準を遵守しています。
このため、有害な物質を極力排除したクレヨンが実現。
小さな子供が使っても安心で、蜜蝋の持つ抗菌作用やほんのりした良い香りが特徴的な商品となっているのです。

このクレヨンの良さは安全性だけでなく、発色が美しく重ね塗りをしても色がにごらないところ。
また、ブロックタイプなら小さい子供でも掴みやすいので、絵を描いたり広範囲に色を塗ったりもしやすいというメリットがあります。

蜜蝋から作られているので、床やテーブルにはみ出してしまっても水拭きで落ちる手軽さも魅力の一つ。
美しい色と使いやすさ、安全性の3拍子が揃ったクレヨンとなっています。

子供のために、安全性と楽しさを

近年、子供の扱う商品に関する安全意識がとても高まっています。
特におもちゃに関しては、子供は大人の思いもよらないような使い方をすることがあり、原材料に含まれる成分は非常に気になるところでは。

今のおもちゃの主流は、安全で安心、それでいて子供にも満足できるものであること。
ここでご紹介したアイテムはどれも高い安全性とユニークさを備えています。
自然由来の材料や、環境に配慮したおもちゃこそ、今後末永く子供たちに愛されていくおもちゃになるといえるのではないでしょうか。

参考サイト

お米のシリーズ お米のおもちゃ:http://www.people-kk.co.jp/toys/
おやさいクレヨン ベジタボー:http://vegetabo.com/
Stockmar:http://www.stockmar.jp/

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

サリュ

saryu

経歴:東京都在住。3児の母。育児の合間を縫ってフリーライター活動を始め、現在は学校と幼稚園の役員をしながら在宅ワーク中。趣味は読書、特技は妄想で、時々家族に心配されます。

他の参加者を見る

saryu

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!