ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

お子様業界最前線!キッズマーケティングを制するには、ココをおさえておけ!

マーケティング

023男心をくすぐれ!イクメン産業の可能性とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
積極的に育児に関わる男性が増えている中、キッズマーケットの分野でも「イクメン」は重要なキーワードとなっています。
「イクメン」をターゲットにした産業についてスポットを当ててみます。

子供と遊ぼう!パパのための育児グッズ

子供とは遊びたいけれど、どう接したらいいかわからない。
そんなパパたちも少なくありません。
そこで今、人気なのが子供とパパが楽しく遊べるレジャーグッズ。
これらのアイテムのポイントは、子供だけでなくパパも興味を持って楽しめることです。

パパも夢中になる「アースカイト」

世の中の多くのママは、パパに対して「休日くらい、子供を公園に連れ出して欲しい」と思っています。
一方、パパの中には「公園で何をして遊べばいいの?」と思っている人が少なくありません。

そんなお悩みを解消してくれるのが、「アースカイト」(プリヴェAG株式会社)。
小さな子供でも扱いやすいコンパクトさとポップなデザイン、少しの風でも良く上がる構造が人気で、パパの方が楽しんで遊んでしまう、なんて声も。

カッコいいパパを見せる!「ブレイブボード」

全米で100万台の大ヒットとなり、日本でも2008年から販売されている「ブレイブボード」
(Razor社)は、親子で遊べるスポーツギアとして人気沸騰のアイテム。

スケートボードより簡単に乗ることができ、体をひねると前進する構造になっています。
小さい頃スケートボードに熱中したパパなら、子供より夢中になってしまうかも?
こちらも、パパと子供が外でめいっぱい遊ぶのに役立つアイテムです。

毎日使う育児グッズも、パパのニーズを意識!

イクメン人口が増えている現在、育児グッズにおいても、パパが使うことを想定して作られているものが増えています。

抱っこ紐やベビーカー、子供乗せ自転車などが代表的。
もともとはママが使うシーンが多いアイテムでしたが、最近はこれらのグッズを日常的に使うパパも多くなっているため、男女兼用だったり、簡単に操作できるよう工夫されているのです。

「エルゴ」の抱っこ紐

「エルゴ」の抱っこ紐は、とにかく着脱のしやすさでママとパパの購買欲をそそります。
デザインもフェミニン過ぎないので、パパが使っても恥ずかしくないと人気。
従来の抱っこ紐は装着に手間がかかったり、普段から使い慣れていないとなかなか使いこなせない構造になっていて、休日にしか使わないパパにはハードルの高い物でした。

しかし、「エルゴ」ではハワイ発のオシャレさと実用性を兼ねたデザインで、パパのニーズとママのニーズの両方を満たし、爆発的なヒットにつながりました。

高級車とのコラボベビーカー

ベビーカーでは、高級輸入車メーカーとコラボしたアイテムが登場。
フェラーリやアルファロメオ、BMWといった高級車とのコラボベビーカーは、カラーリングやデザインにこだわりがあり、人とかぶるのが嫌いな個性派パパには必見の品。
車好きなパパの心をくすぐる育児グッズとして、存在感を発揮しています。

パパの心を掴むのが、イクメン産業の肝

これまでは、育児関連グッズの購入にはママの意思決定が重要でした。
しかし最近では、イクメンパパの意見も重視される傾向にあり、育児グッズは夫婦で一緒に選ぶという流れができつつあります。

じわじわと人口を増やしつつあるイクメン。
育児産業においては、彼らの心をいかに掴むかが、今後のキーポイントになってくるのではないでしょうか。

参考サイト

プリヴェAG株式会社公式サイト「アースカイト」:
https://www.agport.co.jp/products/toy/gayla/earthkite.html
「ブレイブボード」公式サイト:
http://www.braveboard.jp/
エルゴベビー公式サイト:
http://www.ergobaby.jp/

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

サリュ

saryu

経歴:東京都在住。3児の母。育児の合間を縫ってフリーライター活動を始め、現在は学校と幼稚園の役員をしながら在宅ワーク中。趣味は読書、特技は妄想で、時々家族に心配されます。

他の参加者を見る

saryu

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!