ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

お子様業界最前線!キッズマーケティングを制するには、ココをおさえておけ!

マーケティング

034知育教室が大人気!ママたちがこぞって申し込むお教室とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
少子化が進む中、育児中の世帯では一人の子供にかけるお金が年々高額になっていく傾向にあります。例えば小さいうちから習い事をさせたり、受験に備えて早めに塾などの教室へ通わせるという親御さんはとても多くなっているのです。

そんな中、特に育児世帯から人気を集めているのが、「知育系お教室」です。学習塾ほど堅くなく、習い事よりもより教育効果が期待できるとして、小さな子供を持つママを中心に大きな関心を集めています。

今回は、特に勢いのある「知育系お教室」の魅力について見ていきます。

「七田チャイルドアカデミー」

教育学博士である七田眞氏によって創設された幼児教室で、右脳教育を重視しているのが特徴です。「認めてほめて愛して育てる」という教育理念の下、学力だけでなく心を健やかに育てるための教育プログラムを実践しています。

認定講師による授業は0歳から受けることができ、年齢別コースで発達に合った教育方法で、「天才脳」を育ててくれるお教室です。「我が子を天才にしたい」というママたちのニーズをストレートに突いたお教室です。

「はなまる学習会」

今、テレビや雑誌などのメディアで続々と取り上げられているのが、こちらの「はなまる学習会」です。「勉強が好きになる」「自分で考える力が付く」などと評判で、こちらの教室では学力を上げることではなく自発的に学習する習慣をつけることを目標としています。

主催者の高濱正伸氏によるオリジナル教材を活用し、子供たちが飽きにくく知的好奇心を刺激されるような教育プログラムを行っています。育児に悩みを抱えるママをサポートする体制も整っており、子供だけでなく親の心もがっちりと掴んでいるお教室となっています。

「親子で一緒に成長する」というスタイルで、育児に不安を抱える親御さんに向けた講演会も大人気です。

「Baby Kumon(ベビー クモン)」

学習教室でおなじみの「公文」が、赤ちゃん向けに展開しているのが「Baby kumon」。通信教育と月一回の先生との面談により、小さな赤ちゃんでも無理なく続けられるお教室として人気があります。

基本的には自宅での学習となるため、ママへの負担も少ないのが特徴です。入会金は無料、月々の教材費も安いとあり、手軽に始められる習い事の定番となっています。

「ドラキッズ」

「ドラキッズ」は満1歳~小学3年生までを対象とした、トータル知育プログラム教室です。文字・数・音楽といった分野に加えて、自然や造形、EQを伸ばすなど7つの分野をバランスよく育むという教育理念の通学タイプのお教室です。

定員12名に対して先生が2名付くという手厚いケアと、ショッピングセンター内など親子連れでもアクセスしやすい立地にある点が人気です。

学力以外も成長させるお教室が人気!

数年前までは、育児中のママたちは子供にいかにして高い学力を付けさせるかという点に高い関心を持っていました。しかし、最近の子育て事情では、いかにして心も学力もバランスよく成長させるか、という点に注目が集まっています。

「将来、子供をニートにはしたくない」「自立した大人になってほしい」という親御さんたちの願いから、ここでご紹介したような「トータル教育」のお教室の人気が高まっているのです。

記事中紹介教室 公式サイト

七田チャイルドアカデミー:http://www.shichida.ne.jp/
はなまる学習会:http://www.hanamarugroup.jp/hanamaru/
Baby Kumon:http://www.kumon.ne.jp/babykumon/
ドラキッズ:http://www.shopro.co.jp/yoji/

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

サリュ

saryu

経歴:東京都在住。3児の母。育児の合間を縫ってフリーライター活動を始め、現在は学校と幼稚園の役員をしながら在宅ワーク中。趣味は読書、特技は妄想で、時々家族に心配されます。

他の参加者を見る

saryu

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!