ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

恋する U ♥ I デザイン

コンテンツマーケティング

00224時間戦えますか? -デザインで口説く眠らない男-

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数

「24時間戦えますか?」


世代がバレますが、かつてのリゲインのCM曲「勇気のしるし」の一節です。

このキャッチフレーズが現れてからというもの、当時のサラリーマン達の間では、こぞって自身のアティテュードを誇り合うカルチャーが生まれました。

「やべ、、今日徹夜したら2テツだわ。」

「オレ昨日、マジ寝てないからね。」

上記のようなコメントが現代に蔓延するに至った背景に、リゲイン世代のパイオニアがいたことはほぼ間違いありません。

そしてこうした台詞を溢す方々は大体たっぷり寝ています。

でもデスクの上にはリゲインの空き瓶を並べて、「頑張ってる僕」「俺ね。働いてるんじゃなんだわ、戦ってるんだわ」そんなアピールに勤しむのです。

では、本当に誰よりも働き、誰よりも企業に忠実で、与えられた命令は確実にこなし、昼夜を問わず上司に媚を売り続け、24時間フル稼動している優秀なスタッフがあなたの会社にもいますか?

今日はそんなスーパー営業マンの作り方をお伝えします。

「まさかー!!そんなことできたら苦労しないよー!!」

さぁ、お約束の野次が飛んできたところでですね、ちゃんとこれから解説を続けますので、皆様には先に「いいね」を押していただいて、読了後にご満足いただけなければ「いいね」全部返却キャンペーンやります!

それでは早速、解説に入らせて頂きますが、皆さん一度、次回の何かの会議でもいいので、

「24時間戦えますか?」

と社内スタッフや、プロジェクトメンバーに投げかけてみて下さい。

即答で「オッケ~」とハーフタレントばりに言い放つ猛者がいらっしゃったらこの先は読まなくても問題ありません。

その方を手厚い福利厚生のもと、大事に育て上げて下さいませ。

引っ張り趣味もどうかと思いますので、乗っけから「24時間戦う営業マン」の正体をバラします。

Fotolia_32817005_Subscription_Monthly_M.jpg

誰もいない家に友人を呼ぶ?


ずばり「WEBサイトの案内人」でございます。

前回WEBサイトは家だと伝えましたが、「WEBサイト」という「家」にもまた「人」がいなければ意味がありません。

「竹山さーん!明日わたし仕事で居ないから、家に遊びに来てよー!」

なんて言っちゃう主婦がいますか?

主婦の営業力をナメちゃいけませんが、まぁWEBサイトをビジネスとして利用する以上は折角なので「スーパー営業マン」を常備させましょうということなんです。

24時間、接客・接待できる「人」が介在しなければ、いくら作りこまれたお洒落で素敵すぎる豪邸でもどの部屋に行けば良いのかわかりませんからね。

WEBサイト内に眠らない営業マンを常勤させるのです。

空間はもちろん寝ませんので、基本的には24時間、マークアップで指示した通りに各お部屋の鍵を開けておいてくれます。

営業マンも同様に24時間、指示した通りに喋ってくれて動いてくれます。

勿論、エントリーフォームという名のレジに長蛇の列ができてお客様をイラつかせることもありません。

※バグの話は置いといて。。

WEBサイトは素晴らしくお洒落で機能的で住み良い家(店)であるべきであり、素晴らしく素敵な紳士、淑女(営業マン・販売スタッフ)も必要なんです。

なので、両方の概念を大事にして下さいね。

WEBサイトとは「おもてなしのある空間」であるべきなんです。

スーパーサイト人の作り方

それでは、「スーパー営業マンが介在するWEBサイト」略して、「スーパーサイト人」を作る為の手順をお伝えして参りますね。

第一に、WEBサイトのUIをデザインする際には、ワイヤーフレームという、所謂、骨組みの設計を行うんですが、これが結構、重要なんですよね。

多くのWEBデザイナーは、何も考えずに、「っぽい」構成(以下、ぽい構)を考えます。

この、ぽい構なんですが大体、クライアントより提示されたベンチマークサイトをまんま真似しちゃう人もいるんですよね。

これは本当に良くない。

例えるならば、犬が好きと言っている女子を前にして、四つん這いになって舌を出しながら

「僕、ワンワンですぅ~♪」

って叫んでる人と変わらないんですよね。

「逆に好きな女の子に猫ポーズしてニャンニャン言ってもらえるならアリ」

っていう方からのツッコミはスルーさせて頂きますが、そういうことなんですよ。

犬が好きと言われたら格好だけ真似てもクライアントには刺さらないですし、万が一刺さったとしても、闘えるサイトは作れません。

僕らにはコンバージョンという最大の目的があるわけですから場を凍りつかせる訳には行かないということです。

それでは、どうすれば良いWEBサイトを作ることができるのか?

次ページ 実録!えべっさんとの決別

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

ウブカタヒロアキ

ウブカタヒロアキ

1983 年生まれ。兵庫県出身。東京都在住。 インターネットサービス系企業、IT/通信企業、インテリア企業を経て2011年独立。その後、フリーランスのWEB・グラフィックデザイナー、マーケターとしての活動を経て、2012年にデザイン制作会社を起業。2014年より株式会社ファインドエッグ 取締役兼最高マーケティング責任者。

他の参加者を見る

ウブカタヒロアキ

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!