ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

コンテンツの力を成果に繋げる-メールマーケティング理論

メルマガ

008いろいろなメールマーケティング(3)自動送信メールの活用

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
さまざまなメールマーケティングを具体的にご紹介するこの連載ですが、3回目は、メール送信システムを活用してさまざまなタイミングで発送される「自動送信メール」について取り上げたいと思います。

読み物やお知らせを届ける、いわゆる「メルマガ」と違い、自動送信メールについては「どんなやり方があるのか」「どんな風に使うのか」、具体的なイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。

今回は、ビギナーの方にも「そういう選択肢もあるのか!」と思って頂けるように、よく使われる自動送信メールを「イベントメール」「トランザクションメール」「ステップメール」の3つのタイプに分けてご紹介します。

ちなみに、この3種の自動送信メールの名称は、メール送信システムによって比較的バラバラです。こうした自動送信メール送信機能の利用を目的として、メール送信システムを探している方は、名称でなく「何がしたいのか」「どんな自動送信メールを送りたいのか」というように、機能で探してみることをおすすめします。

(1)イベントメール

イベントメールとは、指定した期日(イベント)に合わせて、自動送信されるメールのことです。

顧客ごとの情報を取得・活用できる場合に限られますが、クリスマスや母の日・父の日などの固定イベントだけでなく、誕生日など、送信先によって発送タイミングの異なる自動送信メールを設定しておくことも可能です。

誕生日など、個人的なイベント時に送られるメールに記載するメッセージには「広告らしさ」を軽減する力があり、送り手と受け手の距離を近づけてくれる効果もあります。

イベントメールに合わせて割引やプレゼントなどを実施すれば、サイトへの来訪、購入を促進することもできるでしょう。

(2)トランザクションメール

トランザクションメールは「相手の行動に応じて送信されるメール」です。

メルマガ登録完了時や、ECサイトでの注文を確定した時に「自動送信」の旨が記載されたメールが送信されてくることがありますよね。そのように「やり取りの内容を記録しておくためのメール」が、トランザクションメールです。

そして、ECサイトで買い物をした後を振り返ってみてください。多くの人が、買い物の明細、すなわちレシートの役目を果たすトランザクションメールを開封し、内容に目を通しているのではないでしょうか。

トランザクションメールは、その他のメルマガや広告メールに比べて宣伝色が薄く、開封されやすいため、広告を付属させ、内容確認だけでなくマーケティングに利用されるケースが増えてきました。

また、会員登録や商品購入など、相手の行動に即時に対応したメールであるため、商品やサービスへの高い関心を保った相手に対してタイムリーな情報発信ができる、ということもメリットと言えるでしょう。

※特定電子メール法により、通常、広告・宣伝を目的としたメールの送信には受け手の同意(オプトイン)が必要です。しかし、契約等のために渡されたメールアドレス宛てに、契約内容等を通知することを目的としたトランザクションメールには、広告を付随させることが許可されています。

参考URL:特定電子メールの送信等に関するガイドライン 総務省(平成23年8月)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf

(3)ステップメール

ステップメールは、規定の条件や相手の行動に応じて「段階的に」送られるメールのことを指します。

少しわかりにくいでしょうか?
以下、ステップメールの例をいくつかあげてみました。

【ステップメール送信の具体例】

  1. 資料請求後に1通め、7日後に2通め、1ヶ月後に3通めを送信
  2. サービス予約直後に1通め、利用日1週間前に2通め、利用前日に3通めを送信
  3. 商品購入後に1通め、商品発送時に2通め、発送1週間後に3通めを送信
  4. 商品購入後に1通めを送信後、1通めに記載した広告の商品購入まで、定期的にメール送信を継続
  5. 「全◯回」というコースが定められた講座形式の情報を、個々の開始タイミングに合わせて段階的に送信

ステップメールのメリットは、相手を「成果の上がるパターンに、効率的に誘導できる」ことです。

成果の上がるパターン(シナリオ、ストーリーなどと呼ばれます)は、メール送信システムにもよりますが、多くの場合は複数設定したり、分岐させることが可能です。

メール送信システムを利用する

こうした自動送信メールを効率的に利用するには、送信スケジュールや条件の設定・顧客データ管理・効果確認ができるメール送信システムの利用が欠かせません。

具体的なメール送信システムについては、以前の記事でいくつかご紹介していますので、よろしければ、そちらも合わせてご参照ください。

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

アンモライト

ammolite

京都府在住。得意分野は、コンテンツマーケティング/インバウンドマーケティング/SEOといったWebマーケティングに関すること。クラウドソーシングを活用して、オウンドメディア・メルマガなど、企業の各種コンテンツ作成のお手伝いをしています。 2014年には、ランサーズでエキスパート認定をいただきました。実績は上記リンクからご確認ください。どうぞよろしくお願いします。

他の参加者を見る

ammolite

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!