ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

時間をかけずに自分でできるSEO対策

SEO対策

019SEOだけではもったいない!検索エンジン以外の流入経路を活用すべき理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
Webサイトには、検索エンジン以外にも複数の流入経路があります。
サイト運営者のみなさんは、その他の流入経路をうまく活用されていますか?

今回は「なぜその他の流入経路を活用すべきなのか」その理由を2つに分けて説明します。

SEOだけがWebマーケティングではない


SEOに興味を持っている方の中には、Webマーケティング=SEOと考える人もいるかもしれません。

しかし、Webサイトへの集客は検索エンジンのみ、という時代はすでに終わったと言って良いでしょう。

SEOは、あくまでも集客チャネル(Webサイトへの入り口)のひとつを拡大する方法に過ぎません。より多くの人に会社や商品・サービスを知ってもらうためにはSEOだけにこだわらず、もっと多くのチャネルを活用したほうが効果的なのです。

理由(1)検索エンジン以外にも有力な集客チャネルがある

MAKEPOでは、アクセス全体の4割弱ほどが、検索エンジンからもたらされています。

makepo-channel2.jpg

ここからわかるように、確かに検索エンジンは重要な流入チャネルです。しかし同時に「流入の半数以上は検索エンジン以外からのもの」ということも、無視することのできない事実ですよね。SEO以外の流入チャネルにも、十分に価値があります。

MAKEPOの場合は、FacebookやTwitterなどSNS、はてなブックマーク、Gunosyが検索エンジン以外の有力な流入チャネルになっています。SEOと同じく、こうした流入チャネルから「どうすればより多くの流入を得ることができるか」を考え実行してみることも、より多くのアクセスを得るための大切なプロセスです。

また、流入のほとんどが検索エンジンから、というサイトの場合には、パンダアップデート・ペンギンアップデートのようなアルゴリズム変更やペナルティ発動などの何らかの問題によって自社サイトが検索結果圏外になってしまった場合、サイトへの流入経路が閉ざされてしまいます。リスクヘッジを考える上でも、多くのチャネルを持つことは重要です。

検索エンジン以外からのアクセスは成果につながらない?

Webマーケティング=SEOと考える方の中には「検索エンジン以外からのアクセスが増えても、一時的な流入増にとどまり、問い合わせや成約などの"その先"には結びつきにくい」ことを体感している人もいるかもしれません。そうした傾向があることは事実です。

しかし、SNSやキュレーションサービスには多くのユーザーがいます。そこに、自社や自社の商品・サービスを知ってもらうへのチャンスがあるのも確かです。買い物のために情報収集をしている真っ最中、という人たちには出会えなくても、買い物のタイミングに思い出してもらうためのきっかけ作りができるかもしれません。

そうしたチャネルで接点を持った人たちが後ほど改めて、検索エンジンを経由してサイトを訪問してくれる可能性だってあるのです。「以前にも見たことがある、知っている」と思ってもらえればチャンスをより大きなものにできるでしょう。試してみる価値は、あると思いませんか。

理由(2)検索エンジンからの集客もさらに強化できる

通常、SEOといえば「検索数の多いキーワードに狙いを定め、上位表示させることで多くの訪問ユーザーを獲得する」という流れで行われることが多いはずです。しかしあえて、まず「検索数の少ないキーワード」で自分のサイトを上位表示させ、その後該当キーワードの検索数を増やすという施策を行うことで、どんな成果を獲得することができるでしょうか?

はじめから検索数が多い人気キーワードで苦労して上位表示を勝ち取るのと、同じような集客効果が得られますよね。商品名やサービス名(そしてそれらの必要性)を知ってもらうことでそれらの関連キーワードの検索数そのものが増えれば、検索エンジンからの集客にもプラスの効果が期待できるのです。

被リンクの獲得のためにできることは少ない


また、複数のチャネルの活用は、流入チャネル拡大だけでなく、被リンク獲得のためにできる貴重な施策でもあります。これは、SNSなどオンラインのチャネルに限ったことではありません。DM送付やチラシ配布、展示会などのイベントへの参加などでも、同じ効果が期待できるでしょう。そうしたチャネルを通じて新しい情報・価値ある情報を知った相手は、口コミで情報を広めてくれたり、自分のブログやSNSアカウントで紹介してくれるかもしれません。

自演リンクは時代遅れになり、外部SEO(=被リンク獲得のための施策)は多くありません。しかし、被リンクは今も変わらず検索順位決定の重要事項のひとつです。上記のようなオンライン・オフライン両方での宣伝活動は、Googleも推奨する正当な被リンク対策でもあります。検索エンジン以外の流入チャネルを獲得するためだけでなく、流入チャネルのひとつである検索エンジンからの集客をより強化するためにでも、複数のチャネルを積極的に活用してみませんか。

このように、幅広い流入チャネルを持つことには、たくさんのメリットがあります。検索エンジンのみにこだわることなく、ぜひ複数のチャネルに目を向けてみてください。

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

アンモライト

ammolite

京都府在住。得意分野は、コンテンツマーケティング/インバウンドマーケティング/SEOといったWebマーケティングに関すること。クラウドソーシングを活用して、オウンドメディア・メルマガなど、企業の各種コンテンツ作成のお手伝いをしています。 2014年には、ランサーズでエキスパート認定をいただきました。実績は上記リンクからご確認ください。どうぞよろしくお願いします。

他の参加者を見る

ammolite

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!