ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

時間をかけずに自分でできるSEO対策

SEO対策

022無駄な更新していませんか?SEOのためのコンテンツ作成 コスト削減のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
SEOのメリットとしてよく上がる項目のひとつに「費用対効果が優れている」ことがあります。

しかし、知識と経験が増えると同時に「実際のところ、それって正しいのかな?」と疑問に思うようになった......という方、多いのではないでしょうか。

確かに「SEOとは、誰でも・どんな場合でも、お金をかけずに手軽にできる集客方法である」と言ってしまうと、誇大表現かもしれません。逆に、「SEOには膨大な費用をかければ必ず効果がある」というのも、確かなことではありません。

SEOがコストを抑えた集客テクニックとして成功するケースも、確かに存在します。この成功に必要なものは、一体何でしょうか?今回は、この点について掘り下げてみました。

SEOにおける「拙速は巧緻に勝る」の言葉の解釈

現在、SEOのために最も重要なのは、良質な情報、そして活発な更新です。

Web上では「拙速(は巧緻に勝る)」という言葉をよく見かけますね。100%の出来でなくとも、仕事は早いほうが良い......というような意味ですが、SEOにおいてこの言葉を「とにかく更新すべし」と解釈してしまうと、成功からは遠ざかってしまうことのほうが多いように感じています。

この点については、知識としては知っていてもなかなか信じられず、無駄な更新をしてしまう......というケースもありそうですね。

どうやら、SEOで拙速が活きるのは、確実に「新鮮かつ良質なネタ」がある場合に限られるようです。「良質な情報」の条件には、誤字脱字や文章の誤りなどがないことなども含まれますが、早く公開することが読み手にメリットがあるなら、このプロセスはカットしても良いのかもしれません。しかし、素早く公開すべきネタでもなく、情報の信頼性も持たない記事となると、最も重要な条件である「良質な情報発信」からは大きく外れてしまいます。

SEOにおける拙速は「新鮮なネタがあるなら、多少の誤字脱字とか文章のおかしさの修正に時間をとるよりも、早いタイミングで公開しよう」という程度ととっておくのが良いのではないでしょうか。効果の薄い記事を大量生産することを避けられれば、結果として、コスト削減にもつながります。

業界No.1の知識がなければSEOでは勝てない?

「ターゲットの重要な関心ごとについて、どこにも負けない専門知識がもともとあります!」という会社なら、良質な情報発信のハードルは確かに低くなるでしょう。しかし、それ以外の同業他社にチャンスがないかというと、けしてそうではありません。

ターゲットの視点に立って情報をわかりやすく伝えたり、必要とされる情報を常にリサーチしてタイムリーに提供するなど、No.1の知識がなくとも、専門的な立場から良質な情報を発信することは可能です。

No.1の専門知識を持つ会社に比べれば、確かに工夫が必要だったり、コストや時間はかかるかもしれません。それでもなお、多額の宣伝広告費をかけるよりも効率的に集客できる可能性は十分にあります。

コンテンツを重視したSEOの2つのポイント

上記のような点を踏まえ、コストを抑えてSEOの効果を得るために重要なのは、以下の2つのポイントとなるでしょう。

  1. 期待に応える
  2. 良質な情報とは、ターゲットが求める情報です。「SEOにおける成功とは、検索ユーザーの目的把握と目的達成と同義である」と言っても良いかもしれません。

    ターゲットとなる検索ユーザーの期待に応えることは、何よりも大切です。検索ユーザーの目的を知り、その目的達成のための記事、動画、ダウンロード資料など、期待に応える努力をしていきましょう。

  3. 検索エンジンからの道筋を作る
  4. ターゲットの目的を知り、その目的達成を叶える魅力的なコンテンツが作れたとしても「検索ユーザーがそこにたどり着く道筋」すなわち適切なキーワードで上位表示することができなければ、そのコンテンツは本領発揮できません。

    コンテンツ作成に注力するとともに、そのコンテンツをどう人に見てもらうのか、どのような検索キーワードをコンテンツへの道筋にするのかを考え、コンテンツ設計に活かしてみてください。

「SEOは簡単」の時代はすでに終わった

ここまでご説明してきた通り、SEOによってコストを押さえた集客を目指すことは可能です。しかし、その場合も、ターゲットの需要について調べ、トライ&エラーを繰り返し、自社にとって効果的なコンテンツ作成のノウハウを蓄積する......という長期的な計画、戦略的思考が必要です。けっして簡単なことではありません。

とはいえ、SEOが、その他のマーケティング手法よりも大きな効果を得られる可能性のある手段であることもまた事実です。専門的な知識や技術を持つ会社ならなおのこと、大きな効果が期待できるでしょう。これからコンテンツ重視のSEOに取り組んでみたい、あるいは現時点でうまくいっていないのだけど......という方はそれを踏まえて諦めず、粘り強く取り組んでみてください。


© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

アンモライト

ammolite

京都府在住。得意分野は、コンテンツマーケティング/インバウンドマーケティング/SEOといったWebマーケティングに関すること。クラウドソーシングを活用して、オウンドメディア・メルマガなど、企業の各種コンテンツ作成のお手伝いをしています。 2014年には、ランサーズでエキスパート認定をいただきました。実績は上記リンクからご確認ください。どうぞよろしくお願いします。

他の参加者を見る

ammolite

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!