ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

制作日誌

身近な人たちから学ぶ!MAKEPO運営に関わる人たちから学びたい7つの能力

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数
ウェブマーケティングのポータルサイト「MAKEPO」は様々な人たちの力によって成り立っています。企画・運営者、制作者、編集者、ライターさんなどなど、多くの人たちが関わっています。1つのメディアを運営し、事業として推進していくには、いろいろな人の力が必要だということを実感しています。

僕自身もMAKEPOのライターとして、また、制作プロジェクトに参加しているのですが、今回はMAKEPO運営に関わっている方々から、僕が「ウェブ制作者」「ディレクター」として学んでいきたいことを7つご紹介します。Web屋なら誰しもが身につけたい大事な能力ばかりだと思います。


MAKEPO企画・運営者のIさん


1. 企画力

MAKEPOを企画したのは他でもない株式会社ノイズのI代表です。この人がいなければMAKEPOは誕生していません。

メディアサイトの企画は簡単なことではありません。ユーザーの役に立ち、なおかつ収益を生み出すものでなくてはなりません。planning.jpgMAKEPOは単にマーケティングに関する記事を紹介するメディアではなく、参加クリエイター実績の展示場や企業の宣伝場所として、また、MAKEPOアウトソーシング検索と連携させることなどによって、収益を生み出すものとして綿密に企画されています。

制作者が主に扱うのは「構築」の部分だけですが、メディアでは「企画」「設計」「構築」「運用」のすべてがうまくいかなければなりません。そして売れるためには始めの「企画」の部分が占める重要度は間違いなく大きいものです。

僕自身これからメディアを作っていきたいものとして、この「企画力」をもっと身につけていきたいと感じています。



2. 先見力

これまでSIMカードは各キャリア(NTTドコモ・KDDI(au)ソフトバンクモバイル etc)が端末とセットで販売していたため、「SIMロック」が掛けられているケースがほとんどでした。

sim-news.png (参照元:Yahooニュース)

しかし、2014年6月28日に総務省から「SIMロック解除」を義務化する方針が発表され、 フリーSIMカードの需要が今後さらに増していくことは間違いありません。

この流れを先読みし、Iさんは早くからフリーSIMカード比較メディア「SIMPRICE」の立ち上げに取りかかりました。「時代に旬なもの」を提供することがウェブサービスでは不可欠ですが、この先見力はさすがだと思いました。simprice.pngいま「旬」のものを作っても構築に2〜4ヶ月間はかかり、リリース時にはすでに「時代遅れ」になるのが今の世の中です。。

だからこそ、「これからどんなものが求められるのか?」を見据え、先読みする力もWeb制作者には必要なことだと思います。



3. 問題発見・解決力

プロジェクト進行中にいち早く問題を察知し、解決へと導く力も、僕が喉から手が出るほどほしい能力の1つです。

以前に、コーディング案件を担当した時のことです。

そのプロジェクトが終わりに近づいた頃、やりとりの中で「IE8へ対応をどうするか?」という話しが初めてでてきました。(IE対策については、双方が完全に忘れてしまっていたことでした。。)mistake.jpgすぐに「これはまずい!」と感じたIさんが間に入り、対応ブラウザの確認やこれからするべきこと、手順、できなかったときの対応策やスケジューリングなどをテキパキとうまく取りまとめてくれました。

もしIさんが間に入らなければプロジェクトはもっと大幅に遅れ、最悪完全にやり直しという結果になっていたかもしれません。

サイト制作のプロジェクト中に問題は付きものです。計画通りスムーズに行くことなど滅多にありません。だからこそ小さな問題でも素早く察知し、対応策・代替策を考え、解決に導く能力がWeb屋には不可欠だと感じています。



MAKEPO副編集長Mさん

(※Mさんは、こちらの連載で登場しています。)

4. 編集力

MAKEPO副編集長Mさんは様々なライターさんとのやりとり、記事の整理・編集、掲載スケジューリング、ソーシャルメディア(Facebook、Twitter)管理などを行っています。また、ライターさんへコラム企画・提案などもされています。

typing.jpgライターさんが執筆した原稿をそのまま載せるわけにはいきません。より読みやすく、わかりやすく、魅力的になるように編集したうえでウェブ上にはアップされます。多くのライターさんを扱うMAKEPOのようなメディア運営では、編集者の存在が欠かせません。

僕もMAKEPOのライターとして記事を書かせてもらっていますが、執筆の際にはMさんの提案に助けられています。また、自分が書いた記事をMさんが編集した後に見ると、写真や文字のレイアウトなど細かい部分にもこだわっていたりして、読みやすくなっていることが多いです。

より良い記事できる編集力も今の時代Web屋が身につけたい能力の1つです。



5. コミュニケーション能力

Mさんとライターさんのやりとりの場に何度か立ち会ったことがありますが、Mさんのコミュニケーション能力が非常に高いと感じました。

相手の意見・要望をうまく聞き出すヒアリング力、MAKEPOについてや技術的な解説などを噛み砕いてわかりやすく伝える説明力があると思いました。また、初対面の方ともすぐに打ち解け、話しやすい雰囲気に持っていく力もあると感じました。comute.jpgこのコミュニケーション能力は間違いなくWeb屋の必須スキルです。

Webは内容が専門的な要素が多いため、デザイナーさんでも直接出向いて打合せするケースが多いと思いますが、クライアントの意図を正しく理解し(ヒアリング力)、わかりやすく回答する(説明力)が必要なのは言うまでもありません。



MAKEPO制作者Wさん


6. 計画力

「MAKEPO」を制作したWさんには、様々な案件の制作で助けてもらっていることがかなり多いです。しばらく前までMovable Typeに全く触ったことがなかった僕ですが、Wさんに教えていただいたおかげで、最近なんとかMovable Typeに慣れてきました。

wiring.jpgWさんは何か一緒に作業するとき、いつも最初に「計画」を立て、手順を明確化します。以前MAKEPOをレスポンシブ対応したときも、最初にWさんが「まずは〇〇、次に〇〇」といった感じで流れを決め、また、「この部分は私が担当、ここはのび太さん」というふうに役割分担も明確にしてくれました。最初に手順・役割が明確だったおかげで初めてのMovable Typeでしたが、完成までスムーズにもっていくことができました。

Web屋に限らず、仕事ができる人はみなさん最初に綿密な計画を立てると聞きます。これによって行き当たりばったりではなく、先の作業を意識しながら、確実で迅速に作業が行いやすくなるからだと思います。



7. メリハリ

オフィスではWさんは僕の隣席なのですが、横で作業していてもう1つ感じたのが、メリハリがしっかりしているということです。業務中、適度に休憩をはさみ、休むときはしっかり休み、やる時は一気に集中して行うという感じです。

coding.jpgWeb制作は長期戦であり、間違いが許されません。1つコードの間違いでサイト全てが台無しになってしまう可能性もあります。そのため我々は制作中ずっと集中力を保っていなければなりません。

しかし業務中、適度に休めていないため制作中に集中力がなくなり、ミスを連発してしまうという人もいるのではないでしょうか?

休むときはしっかり休み、やるときはガーッと集中して作業するメリハリがWeb制作者には必要だと思います。



さいごに

いかがでしょうか?今回は周りの方々から学びたいと感じた7つの能力をご紹介させていただきました。どれもWeb制作者が身につけたい能力ばかりだったと思います。

Web屋にとって必要な能力はデザインやコーディングなどの技術力だけではありません。ここで述べたような能力も間違いなく必要です。少しでも身につけられるように、ぜひこれから一緒に頑張っていきましょう!

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

ノビタ

のび太

Web制作会社「NOBITA」の社長をやっております、のび太と申します。大学卒業後、お金を貯めカナダに留学。バンクーバーのビジネス学校で好きな人に出会ってしまったため、日本に帰らず現地企業に就職。未経験ながらWeb制作、メディア運営、ライター業などの仕事に奮闘する。帰国後、フリーランスのWebデザイナーとして独立し、2014年5月、自身の会社を設立。「伸びていくWebサイトをお届けする!」がモットー。 ブログ:がんばれ!のび太!

他の参加者を見る

のび太

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!