ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

サイト活用手法

「コンテンツの質」だけでは届かない!「発信の精度」を上げよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数

「内容は似ているのに、なぜ大きく伸びる記事とそうでない記事があるのか」
「似たようなサイトなのに、なぜあのサイトは人気でこちらはそうでないのか」

こうした疑問を検証し、ノウハウを積み重ねるサイト運用をしませんか。

質の良いコンテンツを「届けるためのノウハウ」

Webを使ってたくさんの人に情報を届けるためには、質の良いコンテンツを発信するだけでなく「適切な方向に、適切な方法で、適切なタイミングで」発信していくことが極めて重要です。

今回は、そうしたノウハウを得るためアクセス解析ツールを使うなら、ぜひチェックしておきたい項目の復習をしていきたいと思います。どんな人が、どんな風にサイトを見ているのかを知り、これからの運営に活かしていきましょう。

アクセス解析、活用してますか?

アクセス解析ツールの代名詞とも言えるGoogle Analyticsは、無料で使えますが、極めて高機能なツールです。しかし、この「無料」が仇となり、ついつい活用しないまま放置してしまっている、見るのはせいぜいPV・UUくらいという状況になっている方、多いのではないでしょうか。

もちろんPVやUUで「どのくらい見られているか」を知ることも、ゴールまでの距離や現在の成果を測る重要な指標です。

しかし、この数値だけを見ていても、さらに状況を良くするため、今後どうしていくべきか?というような、これからにつながる具体的なアイディアはあまり見つかりません。現状の改善につながる施策を見つけるためには、もう少し踏み込んだ分析が必要です。

「より多くの人に見られるようになった」あるいは「成果が落ちた」というシンプルなデータからさらに一歩踏み込んだ分析を行い、そうした変化がなぜ起こったのかの仮説を立てて、実証していきましょう。

そのプロセスにより、商品やサービスの購入といった直接的な目標数値に近づくだけでなく、得られた知識が、サイト運営に役立つ具体的なノウハウになります。このノウハウは、今後、他の商品やサービスのサイト運営を手がける際にも大いに役立てることができるはずです。

「満足させられているか」を調べる

訪問ユーザーのサイト上の行動、すなわち滞在時間や閲覧ページ数などを調べると、訪問ユーザーの検索(すなわち需要)に対して、しっかりと応えられているかどうか、どの程度満足してもらえているか?が推測できます。

具体的には、まず以下のような項目をチェックしてみてください。

  • ランディングページ(閲覧開始ページ)
  • 直帰率
  • 閲覧時間
  • 訪問時の閲覧ページ数

たとえば直帰率が高く、閲覧時間も短い訪問ユーザーの行動を思い浮かべてみてください。検索エンジン等でサイトを見つけ、クリックしたもののページをちらりと見てすぐに離脱してしまう、という行動からは、サイトに対する満足度が高くないこと、サイトが需要に応えられていないことが容易に想像できませんか。

また、そうなってしまったのは、訪問のきっかけとなった記事のタイトルが実際の内容とミスマッチだったからかもしれませんし、そもそも情報の質が訪問ユーザーを満足させられるレベルになかったからかもしれません。原因についてはもう少し調査が必要ですが、ともかく「満足させられているかどうか」はわかります。これだけでも、改善のためのヒントに一歩近づいているのです。

反対に、直帰率が低く、ページあたりの滞在時間が長く、閲覧ページ数も多いユーザーを思い浮かべてみましょう。この人にとって、自サイトはきわめて満足度の高いものだったはずです。このユーザーについてもっとよく知れば、ターゲット層にさらにマッチした、より良いコンテンツ作成やサイト運営のためのヒントが得られるかもしれません。

PVの増減だけを見ていては、こうした今後につながる手がかりは得られませんよね。せっかくのデータです。少しずつでも活用し、重要なポイントだけでもチェックする癖をつけていきましょう。

「どのように訪問・閲覧しているか」を調べる

訪問ユーザーがいつ、どのような道のりを経由してサイトに来たかは、情報発信の適切なタイミングや方向性を考える上での重要なヒントです。

こちらについては、以下のような項目をチェックしてみましょう。

  • 訪問時間
  • 閲覧デバイス
  • リファラ(訪問直前の閲覧サイト)
  • 検索ワード

ユーザーがいつ、どのようなデバイスを使い、どのようなルートを経由してサイトにアクセスしているのかがわかれば、ユーザーの行動パターンや、どんな情報を求めているかが見えやすくなってきます。

必要とされる情報を提供することでももちろん、アクセスやコンバージョンを伸ばすことができますが、その一方で、ユーザーがサイトや記事を目にしやすく、読みやすい環境やタイミングについて知り、そのための障害をできる限り取り除いていくことも、成果を伸ばすことに貢献します。

記事の質の向上や更新のスピードアップに注力しているのにどうしても成果が出ない時、そもそも問題はそこではないのかもしれません。訪問ユーザーの姿を知り、ユーザーのサイト訪問や閲覧を阻む要因を作ってしまっていないか、分析してみてください。

「アクセスさえ伸ばせばいい」を見直そう

BtoBの場合に顕著ですが、より多くの人たちに見てもらうこと以上に、適切なターゲットに的を絞り、しっかりと情報を届けることが成果を伸ばすためには重要です。情報発信の質を上げるとともに、アクセス解析によって「情報発信の精度を上げる」ことにも、ぜひ注力してみてください。

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

アンモライト

ammolite

京都府在住。得意分野は、コンテンツマーケティング/インバウンドマーケティング/SEOといったWebマーケティングに関すること。クラウドソーシングを活用して、オウンドメディア・メルマガなど、企業の各種コンテンツ作成のお手伝いをしています。 2014年には、ランサーズでエキスパート認定をいただきました。実績は上記リンクからご確認ください。どうぞよろしくお願いします。

他の参加者を見る

ammolite

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!