ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

マーケティング担当者のためのWebライティング講座

コンテンツマーケティング

001Webライティングの知識がないマーケティング担当者は時代遅れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
      
follow us in feedly
友だち追加数

担当者自身がWebライティングの本質を理解する必要がある

「マーケティング担当者のためのWebライティング講座」と銘打って、連載することになった。なぜ、Webライティング講座なのに、ライター向けではなく、マーケティング担当者(Web担当者や広報担当者を含めてもいい)を対象としているのか。

たとえば自社メディアを運営する、ブログをマーケティングに活用する、といったときに、ライターを外注する必要が出てくる。あるいは、社員の中から、適任者を選定する必要が出てくる(小さな組織では、マーケティング担当者、あるいはWeb担当者や広報担当者自身が、執筆者を兼ねるケースもあるかもしれない)。

どのように選定するだろうか? まさか、勘で選ぶわけにもいかない。確固たる選定基準を持っているだろうか。あるいは入稿された記事をどのように評価すればいいか、明確な指標を持っているだろうか。

スキルの高い編集者、実績の充分なブロガーなど、メディア運営のアドバイザー役を雇えるのであればいいが、そこまで人件費をかけられないケースも多いはずだ。とすれば、担当者自身が、Webライティングの知識を持ち、良し悪しを判断できなければ、成果を上げるのは難しい。


正確な知識がなければ、質の高い判断はできない

とある世界的メーカーの総務課で、派遣社員として働いていた経験がある。業務内容は主に、自社ビルの管理だった。なにしろ、空調や電源など、無数の機器がある。メンテナンスや修繕の手配をしなければいけないのだが、知識がないため、どれを優先すればいいのか、皆目見当が付かなかった。

結局、勤続が長い管理会社の担当者に助言を仰ぐことになる。「冷却機は2機あるから、1機が故障しても修理は後回しで大丈夫です。ただ夏場にフル稼働すると負担が大きくなるので、それまでには修理してください」などと言われる。

理屈は納得できるのだが、私には全体像が見えていないため、鵜呑みにしていいものか迷うケースが多かった。

これと同じことが、自社メディアやブログを活用しようとするマーケティング担当者の身にも起きる。正確なWebライティングの知識がなければ、質の高い判断はできない。

マーケティング担当者にとって決して畑違いではない

とは言え、専門的なスキルについて学ばなければいけない、と聞かされれば、心理的な負担を感じるかもしれない。あるいは、自分はライターではないのだから、学んだところで付け焼き刃に終わってしまうのではないか、という危惧もあるだろう。

心配はいらない。プレイヤーでなければ本質を理解できない、ということはない。たとえばサッカーで、"監督よりも選手のほうが、ピッチでどう振る舞わなければいけないのかを知っている" というケースは少ない。そして名将のなかには、選手として実績がない、あるいはプロではなかった人物が数多く存在する。

それだけではない。実は、Webライティングの極意とは、マーケティングなのだ。プロフェッショナルなライターとは、マーケティング感覚に優れた人材を指す。マーケティング担当者であるあなたにとって、決して畑違いではない。

文章力は二の次。読まれなければ意味がない

企業側の立場、メディア側の立場で考えて見よう。メディアにとって、喉から手が出るほどにほしいライターとは、どんな人材だろうか?

誰もが、「多くの人に読まれる記事を、放っておいても量産してくれるライターがほしい」と答えるはずだ。あるいは、「メディアの目的(商品やサービスの販売、リクルーティング、認知向上、ブランド醸成ほか)を達成するための文章が書けるライターが必要だ」と言うかもしれない。

情報爆発の現代においては、作家に匹敵するような美文が書けようが、物事をわかりやすく伝えられる文章力があろうが、ほとんど意味がない。優先すべきは、記事が読まれるかどうかなのだ。消費者に興味を持ってもらえなければ、どんな影響も与えられないし、いかなる目的も達成できない。

消費者が読みたいと思うような記事を意図的に制作するには、「題材Aを、Bのようなコンテンツに仕上げれば、Cの人たちに読まれる」あるいは「商品Dを売るためには、Eの悩みを抱えている人に、Fのようにアプローチすればいい」という思考ができなければならない。

Webライティングとは、マーケティングそのものなのだ。

© MAKEPO

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
   
follow us in feedly
友だち追加数

著者情報

ヨリカネケイイチ

寄金佳一

1979年生まれ。横浜市在住。『D*MANIA』ディレクター、フリーライター、ブロガーとしての活動を中心に、WEBライティング講師や、WEBマーケティング&メディア運営アドバイザーを手がける。

他の参加者を見る

寄金佳一

関連記事

マーケティングノウハウ足りてますか?

MAKEPOのメルマガ…購読してみませんか?
直近のピックアップ記事のほか、セミナー・ツール活用情報など不定期でお伝えしています。「サイトにアクセスするのは面倒だ!」「電車の中でざっくり読みたい」という方は是非ご登録ください。 リアルタイムで情報取得をしたい方は、RSSまたは公式Twitterをフォローしてご覧ください!

通勤中の情報収集に!

メルマガ登録

いますぐ新着情報を知るなら

LINE@で友だちに追加!