ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

広告関連

オプトアウト

オプトアウトとは、オプト(選ぶ)アウト(外す)の意味から、許可を得ず一方的に広告や宣伝のメールを送りつけるマーケティング手法に対し受信者がそれを拒否して広告を送付しないよう企業に依頼する行動を指す。

ユーザーの事前承諾無しに送られてくるメールマガジンなどのダイレクトメールをオプトアウトメールと言い、迷惑メールとして扱われる事が多い。また、ユーザー登録の画面で「ダイレクトメールを受信する」にあらかじめチェックがついているのも、ユーザーがチェックを外す手間のある事からオプトアウトとされる。

メール以外にも、企業により集められた個人情報の扱いやWebサイト上でのCookieの受け入れなどについてもオプトアウトという概念が用いられる事がある。企業側の行動について拒否の意思を示す行為であり、場合のオプトアウトは拒否権とも訳される。
「特定電子メール法」と「特定商取引法」の2008年12月の改正案により、現在は、オプトアウトメールは迷惑メールと見なされ、処罰の対象であると明示された。

広告関連の記事一覧