ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

ウェブ制作

API

アプリケーションプログラミングインタフェース(Application Programming Interface)の略語。

APIとは、構築されたアプリケーションの内部データーや処理を第三者に開放し、外部のソフトやウェブサービスからでも簡潔に利用できるプログラム操作のことをいう。API提供者が定めた仕様に従った通信記述や手順を踏まえることで、既にAPI提供側で構築されているデータベースや機能を呼び出し自社サイトとして利用できるため、APIを利用する側にとっては開発コストを抑えて効率的に高機能コンテンツを構築することができる。

またAPIを提供する側にとっては、第三者にAPI経由で自社のデータを利用してもらうことで、自社データの利用者が増え、自社で展開する以外のサービスが第三者の制作によって生み出される期待にもつながる。
提供する自社データベースや機能に価値が高い場合、APIを有料化し、収益につなげるビジネスモデルもある。

もともとAPIは、1台のコンピューター内でデータや機能をOSやアプリケーション間でやりとりするために生まれた概念だが、ウェブアプリケーションの普及によってHTTPなどのプロトコルを利用した異なるウェブサービス間でのデータおよび機能共有の概念へと拡大していった。

ウェブ制作の記事一覧