ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

ウェブ制作

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティング(cloud computing)とは、ネットワーク上にあるサーバーサービスを使ったネットワークをベースとしたサービス形態のことをいう。

従来、コンピューターの利用はハードウェア、ソフトウェアやそのデータも含め、ユーザー自身が使用するコンピューター上で保有・管理する必要があった。
それに対し、クラウドコンピューティングのサービスでは、提供側が用意したサーバー上へ、ネットワークを通じて沿革から利用できるシステムを構築し、利用者はそのサービスをネットワークを通じて利用する。
GmailやiCloudなどが代表例。サーバー上に管理されたデータは、どのパソコン、スマートフォンを問わずどの端末からでもネットワークを介して利用できる。また、ソフトウェアのバージョン管理や、更新、メンテナンスはクラウドコンピューティング側が行うので、利用者はデータの管理、ソフトウェアの購入などの必要がなく、必要なときに必要なときだけサービスを利用することができるのもメリットのひとつである。

「クラウド」はIT業界ではコンピューターシステムのイメージ図として雲を使用していたが、2006年にグーグルの元最高経営責任者のエリック・シュミット氏が「ブラウザの種類も、アクセス手段も、パソコンかMacか、携帯電話かも無関係で、雲(クラウド)のような、巨大なインターネットにアクセスすれば、利益を恵みの雨のように受けられる時代になった」と発言したことからクラウドをサービス形態とする見方に注目が集まった。

ウェブ制作の記事一覧