ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

ウェブ制作

外部ファイル

外部ファイルとは、処理や設定をファイルにまとめ、それを呼び出して呼び出し元に反映させるファイルのことをいう。

代表的な例としては、HTMLにおけるスタイルシート(拡張子「.css」)やJavascript(拡張子「.js」)ファイルがあげられる。
スタイルシートやJavascriptは、HTML内にその設定や処理を記述することができる。HTML内に記述することでHTTPのリクエスト数は減るが、HTMLのファイルサイズが増え、可読性が悪くなるデメリットがある。

そのため別ファイルとして記述し、外部に配置。外部ファイルとしてHTMLに読み込むという手法がとられる。その設定や処理は外部ファイルにまとめられているので、再利用性も高い。
HTMLに外部ファイルを読み込む場合、スタイルシートの場合は、
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="*****.css" />
Javascriptの場合は、
<script type="text/javascript" src="*****.js"></script>
の記述をする。

ウェブ制作の記事一覧