ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

ウェブ制作

オープンソース

オープンソースとは、第三者に無償で公開されたプログラムコード(設計図)のことをいう。
APIがプログラムの内部処理ロジックを隠蔽し機能やデータの一部を第三者へ提供する仕組みであるのに対し、オープンソースはプログラムそのものを誰でも見ることができる形で提供される。

ただし、オープンソースには定義があり以下に準拠したものがオープンソースに該当する。

1.自由に再配布できる
2.ソースコードを入手できる
3.元のオープンソースを使った派生物の存在を認め、またその派生物も同じライセンスで扱う
4.作者のソースコードの完全性を要求できる
5.個人やグループへの差別を禁止する
6.利用する分野への差別を禁止する
7.オープンソースをそのまま再配布する際追加ライセンスを禁止する
8.特定製品でのみ有効なライセンスを禁止する
9.他のソフトウェアを制限するライセンスを禁止する
10.ライセンスは特定の技術に強く依存せず中立でなければならない

プログラムのソースコードは製品の設計図にあたりソースコードの流出はすなわち他社に自社製品の転用や可変・改良を容易にすることにつながるため、企業の多くは自社で開発したソースコードを極秘として隠蔽し、他社への提供はライセンス費を取って行われるケースが多い。

しかし、オープンソースは無償での提供が前提となるため、利用時にはライセンス費用はかからない。
代表的なオープンソースとして Linux, FreeBSD、Apache httpd サーバーなどがある。
スマートフォンやタブレット端末用OSとして利用されているAndroidも、Linuxがベースとなったオープンソースである。

ウェブ制作の記事一覧