ノウハウをいつでも。ウェブマーケティングのポータルサイト

ウェブ制作

ポップアップ広告

ポップアップ広告とは、インターネット上で表示する広告の一種。ユーザーがウェブページにアクセスしたり、画像やボタン、テキストリンクをクリックした際に、ブラウザの別のウィンドウが立ち上がりその広告のみが表示されたページが表示される広告のことをいう。

ポップアップ広告は、ユーザーが見ているウェブページの上に別のウィンドウが重なって表示されるため、かつてタブ機能がなかったウェブブラウザではユーザーの目に必ずとまった。
強制的にウィンドウが開き、ユーザーによってウィンドウを閉じる必要があり、ユーザーに疎んじらるため、ウェブブラウザ側でポップアップウィンドウをブロックする機能が搭載されるようになった。

ポップアップ広告はJavascriptを用いた技術が使われていたことから、Javascriptの評価を下げる要因にもなった。

ウェブ制作の記事一覧